1. まとめトップ

孤立、心が弱っている…洗脳されやすい人の特徴

居場所がない、孤立した状況に置かれている人は洗脳されやすいと言われます。逆に言えば洗脳する側は孤立した状態に持っていくことで洗脳するわけです。それによって人の思考を特定の考え方に完全に変えらてしまいます。また真面目で純粋、心が弱っている時には洗脳されやすいようです。

更新日: 2019年09月06日

5 お気に入り 862 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■洗脳とは

洗脳は、個人を長期間拘禁して暴力的行為によって個人の精神を破壊し、個人の精神を支配することです。暴力的行為により、本人の意思に関係なく強制的に今までの思想・主義・価値観・人生観などを捨てさせ、新しい人格を植え付けます。洗脳に怖いイメージがあるのは、暴力的行為を伴うためです。

暴力的行為はリンチや拷問など肉体的な攻撃だけではありません。暴言・罵倒・訊問など言葉による攻撃や薬物(幻覚剤などの違法薬物)の投与も含まれます。過労や睡眠不足やストレス過多で心身ともに疲れ果て、思考力が低下した状態にさせることも暴力的行為の1つです。

現代の社会では、洗脳行為は「犯罪」です。日本だけでなく世界の多くの国において犯罪とされています。

■洗脳されやすい人の特徴

孤独で寂しがり屋、家庭でも職場でも居場所がない様な人です。

・孤独で寂しがり屋

言い換えれば、交友関係が非常に狭く、常に1人でいる時間が非常に多い人間のことです。そして、孤独の度が過ぎるほど何かあっても誰からも助けてもらえない状況に陥りやすいです。

そうなると、本人は孤独に苦しむだけでなく、何かあった時の不安を強烈に感じることになります。このような状況はいわば他の人から見捨てられている状態そのものであるためです。そのタイミングで洗脳されると、その考え方以外のことなどを信じられなくなってその考え方と運命を共にしたいとさえ考えるようになるのです。

・自分に自信がない

自分に自信がないことも洗脳にかかりやすい人の典型です。自信があればまだ自分なりの評価基準を信じて行動することができますが、自信がない場合は楽観的に考え方ができずに、特定の考え方を全面的に受け入れてそれに沿って行動するようになります。

つまり、自信がないから自分の評価基準に基づいて判断することができず、なおさら他人の考え方の影響を受けやすい状態といえます。加えて、自分事も含めて何をするにつけて周りに相談ばかりしている人間も、結局は自信を持って自分で決断できないため、なおさら洗脳に引っかかるといえます。

・視野が狭い

視野が狭く、特定の分野に対する知識や経験、情報しか持ち合わせていないような人も洗脳されやすい人の特徴として挙げられます。これは特定の分野や考え方に関する情報や知識程度しか持っておらず、それ以外の知識や経験、情報に対して無頓着であるからこそ、余計に信じてしまいがちともいえます。

この場合、言葉巧みに勧誘されると自分の目で確認したり調べたりする前に信じてしまうためになおさら危険です。加えて視野の狭い人間は基本的に他人に相談をしようとしないため、信頼できる人間のアドバイスを得ることができないまま、洗脳にかかってしまうことも少なくありません。

・真面目で純粋

真面目で純粋な人は、見方を変えれば相手を疑うことを知らない人間を意味します。つまり、特定の考え方が絶対に正しいと言われればそのまま信じて染まってしまう人間です。同時に真面目で純粋な人間は幼少の頃より他人を疑うことは悪いことと教え込まれている場合が少なくありませんので、相手を全面的に信じようとすることも多いです。

このため、だます側からしても難なく信じ切ってくれるこのような人たちの方がだましやすいため、実際の悪徳商法やカルト団体の活動でも真面目で純粋な人ほどカモにされるといえます。普段から真面目で純粋と評価を受けている人間は注意が必要です。

・現実で居場所を失っている

洗脳にかかりやすい原因に、社会や学校、家庭の中などで居場所を失っているのは非常に大きな要素です。つまり、所属しているコミュニティの中で生きづらさを感じるからこそ、特定の組織や宗教の考え方に心酔しやすいともいえます。そして、居場所を失っている人は多くの場合孤独になりがちで相談もできませんし、自分の本音を明かせるような知人や友人という存在もいません。

だからこそ、だまそうとしている側の人間が示した考え方によって自分が居場所のいない現状から救われると思いがちになります。日頃からコミュニティでの自分の居場所がないと考える傾向にある人はただでさえ精神的に不安定になっていて、不安な気持ちで満たされている分、洗脳を受け入れやすい状態になりやすいといえます。

・心が傷ついて弱っている

マインドコントロールをするものは、弱った人間を狙う。
仕事に失敗したり、大切な人を失った時に、相談役のふりをして近づいてくるのだ。
心が弱った時に、急に親しげに近づいてくる人間がいたら、警戒する必要があるだろう。

人は普通、他人に対してそれほど関心のあるものではない。
そういう人間には、別の目的があると疑ってみるべき。

1 2