1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■北朝鮮について新たなニュース

日本を射程に収める中距離弾道ミサイルを「秘密基地」に配備か

米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)は6日、北朝鮮が公表していないミサイル基地に関する分析結果を発表。

基地には中距離弾道ミサイルが配備され、「日本の南半分と韓国全土」を射程内に収めているとした。

■詳細

基地は、ソウルから北東に165㎞離れた北朝鮮東部江原道の「クムチョンニ」と呼ばれる場所にある。

1991年ごろに建設が始まったとみられ、今年7月に撮影された衛星写真では、司令部とされる建物や地下施設の入り口などを確認。

当初は射程500~600キロメートルの短距離ミサイルを運用していたが、その後に中距離ミサイルを格納するように。

CSISは、「より新しいミサイルが配備されれば、脅威は沖縄の米軍基地を含む日本全体に及ぶ可能性がある」と指摘している。

北朝鮮が日本を射程にしたミサイル持ってたって今更驚く事かい?散々ぶっ放してたやんけ╮(๑•́ ₃•̀)╭

職場で、災害時の対処法みたいなやつの回覧が回ったんだけど、その中に、北朝鮮からミサイルが飛んできた場合ってのが入ってて、めっちゃ怖い。 岡山にミサイルが来るようになったらもう日本はおしまいやね…。

北朝鮮関連のミサイル基地のニュースを見てうちのお袋が「用事がないけんあんなことばっかりしよる。国民にしっかりごはんを食べさせてあげてよ。自分ばっかりブクブク超えて!」

■北朝鮮国内には未公表のミサイル基地が約20カ所存在

いずれも稼働中

米情報当局やCSISは、北朝鮮国内に未申告のミサイル基地が約20カ所あると把握。

■さらにミサイルの性能も飛躍的に向上

今後配備される可能性が高い

北朝鮮は今年5月以降、計9回のミサイル発射実験を行ったが、少なくとも2種類の新型短距離弾道ミサイルが含まれていたことが判明。

ミサイルの性能向上や固体燃料式への転換、移動式発射台(TEL)を利用した機動性など、既存の弾道ミサイル防衛システムを突破する能力を備え始めている。

■日本に対する脅威は増している

有事の際に全ての在日米軍基地を速やかに攻撃できるほか、ハワイやグアムなど米国の戦略要衝地も射程圏に入る。

CSISは、これらの基地は最終的な非核化合意で「申告、検証、解体」の対象となるべきだと主張している。

1 2