1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

当初予想より発達か…関東直撃の「台風15号」に厳重警戒!

最新の情報を確認し、早めの備えを!

更新日: 2019年09月07日

4 お気に入り 39293 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■「台風15号 (ファクサイ)」が日本列島に接近中

台風情報

気象庁HPより

強い台風第15号の中心気圧は970hPa、中心付近の最大風速は35m、最大瞬間風速は50m。

7日13時時点

風速25m以上の暴風域を伴って、父島の東の海上を1時間に30㎞の速さで北西へ進んでいる。

■今後の進路

8日夜~9日にかけて関東直撃へ

台風経路図

気象庁HPより

発達しながら北西に進み、暴風域を伴って7日昼過ぎ~夕方にかけて小笠原諸島にかなり接近。

その後も強い勢力を保ったまま北上し、暴風域を伴ったまま8日夜~9日にかけて関東地方の沿岸にかなり接近・上陸する見込み。

■しかも、当初の予想よりも発達する見込み

「統計史上最強クラス」での直撃か

予想天気図(9月8日21時)

気象庁HPより

八丈島の南海上に進む8日12時での勢力は、中心気圧が955hPa、最大瞬間風速は60mにも達する見込み。

中心気圧970hPa未満で関東へ上陸した台風は4例しかなく、「統計史上最強クラス」での直撃となるおそれがある。

■各地で予想される最大風速や雨量、波の高さ

走行中のトラックが横転するレベルの風が吹き荒れる

8日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、関東・伊豆諸島で35m(50m)、東海で30m(45m)、小笠原諸島で25m(35m)。

8日正午までの24時間予想雨量は東海80mm、小笠原諸島70mmで、その後の24時間では東海300~400mm、関東甲信・伊豆諸島200~300mm、東北100~200mm。

海上は猛烈なしけに

8日にかけて予想される波の高さは、伊豆諸島9m、関東地方・東海地方8m、小笠原諸島7m、東北地方5m、近畿地方4m。

また、台風から離れていても「一発大波」とも呼ばれる局地的な高波が突然押し寄せることもある。

■今回の台風は「コンパクトで動きが速い」

台風15号は中心の北東から東側でも雲がまとまっており、比較的コンパクトな台風となっている。

さらに、移動速度も比較的速いため、台風が近づくと急激に風や雨が強まるおそれがある。

■各地の雨や風のピーク

お天気情報(*・ω・)ノ 台風15号雨風ピーク 7日5時時点 日付が変わってからかな? pic.twitter.com/RvTD1OhCAC

関東や東海には8日夜から台風本体の雨雲がかかり、9日明け方にかけて雨風のピークとなる。

1 2