1. まとめトップ
  2. 雑学

知らんかった…!道路の段差解消で○○を置くのは違法行為らしい

道路の段差解消でよく使われているあの品物を置くのが違法なんて!!

更新日: 2019年09月07日

9 お気に入り 17727 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■道路の段差解消でよく使われているあのアイテム

街でよくみかけるものとして、駐車場などの段差を解消する「段差スロープ(駐車スロープ)」があります

乗り上げブロック(のりあげブロック)は、段差を解消する目的で、住宅・店舗などの車庫に面した道路との境界の出入口部分に住人が設置

自宅から公道(市道)と段差があるので、道路にはみ出してスロープ(鉄板)を設置していますが、これってまずいですか?

■実はこの行為「違法」です

ご自宅や駐車場に車両で出入りしやすいように出入口前の道路上に段差解消(乗り入れ)ブロックや鉄板等を設置することは、道路法に違反するため禁止されています

乗り上げ(段差解消)ブロックや鉄板などを設置することや出入りのため側溝の上に溝蓋(非固定式グレーチング)を設置することはやめてください。

道路法第43条2号で禁止されている「みだりに道路に土石、竹木等の物件をたい積し、その他道路の構造又は交通に支障を及ぼす虞(おそれ)のある行為をすること」に該当

■いったいなぜ禁止となっているのか?

歩行者がつまずいてケガをしたり、自転車やバイクが転倒して交通事故につながる危険があります。

自転車はそれを避けるために車道の隅を通行できない、すなわち、歩道を走ったり車道の中央寄りを走らざるを得ないという危険性の指摘が

さらに、道路上の排水機能を損ねるため、道路冠水の原因になることもありますので、段差解消ブロック等を設置されている場合は、速やかに撤去してください

■自己の危険性があることを念頭に置きたい

自身が設置した段差スロープによって他人を事故に巻き込んでしまうリスクを考慮すると、道路での使用は避けるべき

同じ用途のものとして、鉄板(ステップ板)もある。市販されているものの、これらを置くことは道路法[2](第43条[3])で禁止されている

■よって、ブロックを使用するのではなく「切り下げ工事」をする必要がある

道路との段差を解消するためには、歩道や縁石の切り下げ工事を自費(自己負担)で行っていただくことが必要

道路法第24条に基づく手続きにより、道路の歩道部分や縁石などの切り下げ工事等を自己負担で行っていただく

■これは知らんかった!という人が続出

@chidakiyo 知らなかったです。本題とは関係ないですがTwitterのタイトルが【道路に段差スロープ 実は違法】、リンク先のニュースタイトルが、「なぜ全国で違反行為広がる? 駐車スロープ設置は道路法違反の可能性も」だいぶ受け取り方が違いますね

なぜ全国で違反行為広がる? 駐車スロープ設置は道路法違反の可能性も(くるまのニュース) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-… 道路管理者にとっては当たり前の話なんだけど、わかってない人が多いよな。そもそも住宅を建築する業者が、切り下げを提案しないのが悪い。新築時にやればいいのに。

なぜ全国で違反行為広がる? 駐車スロープ設置は道路法違反の可能性も ウチは乗り入れ縁石に変えてるけど、だいたいこの縁石の遣り替えしないところ多いよね。 kuruma-news.jp/post/174867

1 2