1. まとめトップ
  2. おもしろ

Twitter発『様々な事実、現実を突きつける話』が印象深い

Twitterには様々な呟きが溢れていますが、様々な「事実」「現実」「裏の側面」を知って思わずハッとしてしまうツイートを紹介します。

更新日: 2019年09月08日

85 お気に入り 208562 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterで見かけた、「事実」「現実」「裏の側面」を読み手に突きつける印象的なツイートをまとめました。

justastarterさん

◆『暴言』に関して

記憶力がある人は 「言葉のフラッシュバック」に苦しんでしまう 例えばキツい言葉を言われたら その人に言われた言葉が何年経っても 残ってしまい、その人に心を開けなくなる その後優しくされても 「怖いことを言った人」 というイメージが抜けない 暴言の時効はない。

@Thera_kun @sino7327 言葉の暴力ですかね どんなによくしてくれてどんなにやってくれたとしても届かなくなってしまうんです 言った人は覚えてなくても言われた方はその一言で人生が変わってしまう

◆『悪口』に関して その①

人の悪口を言うな。人をけなすな。発言した本人は翌日には忘れるような言葉でも、言われた本人にとっては一生の傷になることだってある。気軽に発した言葉が誰かを生涯に渡って苦しめ、その人の人生を狂わせてしまうことがあるんだ。気軽に人の悪口を言ってはいけない。気軽に人をけなしてはいけない。

@badassceo 言う側と言われる側の言葉の捉え方、言う側にとって後になってくると「言わなければよかった」後悔してしまうので、気をつけなければいけないと思いました。

@badassceo 言葉には言霊が宿ると言われていますからね。 それは悪口であっても助言であっても 自分の口から出る言葉には責任が伴いますね。 何十年も前に恩師に言われた一言が 未だに自分の支えになっていたり、 誰かに言われた心無い言葉が未だに 心をえぐったり言葉の力って良くも悪くも すごいパワーですね。

◆『悪口』に関して その②

人は誰かの悪口を言うことで、相手の印象を悪くし相対的に自分の立場を上げて守ろうとする事がある。またそうした悪口の多くは、実は自分が言われると最も傷つく言葉を無意識に選んでいる傾向がある。悪口を言う事でしか自分を誇示できず、悪口によって知らずに自分の弱点をアピールしていたりする。

他人の悪口ばかりいう人は、つまりそういう人である可能性が高い。

誰かの悪口で自分が傷ついたら、その人は何の目的で人の悪口を言うのだろうと観察してみるといいかも知れない。きっと相手の技量の程度が分かるだろうと思う。なんだこの程度か、と思えればもうそれ以上傷つく事はきっと減る。

@yusai00 とても心に沁みました。最近そうゆう上の人と仕事で接する機会が多くて…私はフラットに持っていけたけど、誰かの悪口に傷ついてる人にこの言葉が届けばいいな、と思いました。

◆『加齢』に関して

「加齢とは、おもちゃを手に入れてから開けるまでの時間が長くなることである」 「帰りの電車内で遊べないのにゲームソフトの箱を開けちゃうのは若い証拠」 「遊んでない商品が積み上がるのは老けた証拠」 「届いたAmazonの箱を開けずに放置してるのは病気」

@otsune 本を買っても読まないし、BD/DVD買っても聞かないし、番組録画しても見ないし、服買っても着ないし。 確かに、加齢かも知れない。

@otsune 先月くらいに買ったパソコン まだ開封してない・・・ これが老いだと言うのなら 全くその通りだと思います。 何もワクワクしなくなる。

@otsune おもちゃを手にいれたことを忘れて 同じものをまた買ってしまうとか…

@otsune アマプラやネトフリにお気に入り登録だけして観てない作品が増えるのは「老化」 買った本をすぐに読まずに積んでいくのは「老眼」

◆『オタクの中では可愛い』の位置付け

私も「オタクの中では可愛いけどリア充の中ではド底辺」という最悪の位置付けだから、一番調子に乗りやすい位置なんだよね。キラキラリア充の中に放り込まれて(私は······化け物だったのか······?)と真実を知る瞬間、オレじゃなきゃ自害しちゃうね

@meromero__mer0n ブスなのにプライド高いの一番ヤバいので普段は弁えてるんですけど、やっぱりオタクの前だとイキッちゃいますね······

◆『平均より少しだけ上』の位置付け

数年前に取引先の女子と飲んでる時 「我々は全部中途半端なんです。偏差値も顔面も生活レベルも全部中途半端。絶望して諦められるほど低くもなく、生まれつき持ってる人ほど高くもない。"平均より少しだけ上"っていうのが1番クソですよ。見下ろしながら嫉妬してる」 と言っていた。うん、本当にそう。

1 2 3