1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

tatsubo1208さん

■誰もが思ってる「貯金は大切」

社会人ともなれば、誰もが当たり前のように「貯金は大切」といいます。

しかし、実際には大切とは思うものの、思うように貯金できていない声のほうが圧倒的に多いです。

■買いたいと思っても再考する

一目惚れしたものって、ついついその場で買ってきてしまいますよね。

一目惚れをしたものがあれば決してその場では買わずに家に帰って似たようなものが無いのか探してみましょう。

■ちょこちょこ買いをやめる

気付けば毎日コンビニやスーパーでお金を使っていませんか?少額でも塵も積もれば山となって家計を圧迫していきます。

「小さな支出」が積もり積もって実は「大きな支出」になっていることに気付いていない場合がとても多いのです。

スーパーマーケットやコンビニなどちょこちょこと少額でもお金を使ってしまいやすい場所では、1週間それぞれの場所で使える金額を設定してやりくりするのがお勧めです。

■マイボトルを持参する

じわじわ貯金の方法として「マイボトルの持参」があります。今では当たり前になりつつありますよね。

やり方は簡単。マイボトルは1個持っていればOKです。お水にレモンなどのフルーツを入れるデトックスウォーターも定番化しましたが、コスト的には茶葉を買う方が安価。

市販のペットボトル飲料は150円であるのに対して、お茶のティーバッグは一杯分30円ほど。ペットボトルを買わずにマイボトルを持参するだけで、平日5日間で600~700円ほどを節約できる計算になります。

■インターネット通信費を見直す

毎月のコストの中でも大きい部分を占めるのが通信費。 そしてその中でももっと簡単に、大きく節約出来るのが「インターネット回線」です。

自宅のインターネット回線の契約がパソコン購入時に同時契約したプロバイダーのままだと、使用頻度に対して割高な料金になっているかもしれません。

現在ではたくさんのネット回線が出てきているので、見直しをするにはちょうどいい時期になってきています。

■嗜好品を減らす

嗜好品を節約する上で、まずは3割出費を減らすことを考えましょう。

お菓子・コーヒー・ジュース・お酒・タバコなど、嗜好品が家計に与える影響は大きいです。

嗜好品は、減らしすぎると逆にストレスになる場合があるので、そのへんのさじ加減はきちんとしていきたいところです。

1 2