1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

モクテスマ2世とは?

モクテスマ2世(Moctezuma II, 1466年 - 1520年7月1日)またはモンテスマ(Montezuma)、モテクソマ(Motecuhzomaa)は、メシカ族の、アステカの第9代の君主(在位:1502年 - 1520年)。ナワトル語で「若き君主」という意味を持つショコヨツィン(Xocoyotzin)の名でも呼ばれる[1]。彼の治世の間にメソアメリカ文明とヨーロッパの最初の接触があり、最後はスペインのアステカ征服(英語版)の過程で激怒したアステカ市民から無数の石を投げつけられて死亡した(エルナン・コルテス部下のスペイン人に殺されたとの異説もある)。在位中には積極的な遠征と中央集権化をすすめ、アステカの最大版図を築いた。

予言の年「一の葦の年」、1519年

1519年、エルナン・コルテスらコンキスタドールがアステカに訪れたこの年は、アステカの暦で「一の葦の年」と呼ばれ、メシカ族にとっては生贄の習慣を嫌う神であるケツァルコアトル(羽毛の蛇)が帰還する年でもあった。

ケツァルコアトルと「一の葦の年」の予言については、補足を参照のこと。

モクテスマ2世は、それまでスペイン人に呪術をかけるため妖術師をコルテスの一団に送り込んだが、いずれも効果がなかったため、コルテスをケツァルコアトル神の使い(もしくは神そのもの)と信じていた[7]。コルテスはメシカ族が最高神と崇める存在であり、生贄を要求するウィツィロポチトリ(南の蘇生した戦士)とテスカトリポカ(噴煙の鏡)の神殿に案内され、そこで生贄から取り出された心臓と血で汚れた祭壇を見せられた。また、モクテスマ2世はケツァルコアトルから譲り受けた王位をコルテスに返還すると言ったという。

しかし、コルテスは「あなたのあがめる偶像は、我々が悪魔とみなす存在である。あなたの神殿に聖母マリアの像を建てさせてほしい」と語り、モクテスマ2世を困惑させ、彼はそれを拒否した。するとコルテスはいくつかの神像を階段から落として破壊した[8]。

弱腰を貴族たちに責められたモクテスマ2世が、前言を翻してスペイン人に立ち去るよう要求したため、コルテスは、わずかな兵をテノチティトランに残し体制を整えるために引き返した。

民とコルテスらとの狭間で

こうした一連の事件にアステカ人(自称はメーシカ人(Mēxihcah)。語源のメーシコ(Mēxihco, 帝都ティノチティトランの別名で、語義は不明)はメキシコの語源でもある)は激怒、コルテスらスペイン人に対して暴動を起こす。

1520年5月16日、テノチティトランの神殿で執り行われていたテスカトリポカの祭礼のため一堂に集まった最高位の神官と貴族を、コルテスの部下のアルバラードが虐殺したという[10]。この襲撃自体にはコルテスは関わっておらず、コルテスのまったく知らないところで行われたためコルテスは激怒したという[11]。

1520年6月29日、コルテスは反乱を起こしたアステカ人たちをモクテスマ2世に説得させようとした

モンテスマはアステカの兵士の前に立ち、攻撃の中止を訴えた。だが、アステカ軍の代表は、モンテスマ2世の前に進み出て、涙を流しながらこう述べた[12]。

我々はもう新しい王を選んでしまいました。我々は軍神に、貴方の安全を毎日祈願しています。だが、我々は戦いの手を緩める事は出来ません。然し、もし神々の御心通りこの戦いが終われば、その時こそ、貴方を再び王として迎え、前にも増して尊敬を捧げるでありましょう[13]。

そう言い終わるか言い終わらないうちに、モクテスマ2世に雨のような石と投げ槍が投げられ、彼の頭部や胸部を直撃した[14] 。最初は致命傷には見えなかったが、翌日には傷が元で息を引き取った[15]。コルテスとの出会いから約半年後の出来事であった。

補足:ケツァルコアトルと「一の葦の年」の予言

ケツァルコアトル(ナワトル語: Quetzalcōātl ; スペイン語: Quetzalcóatl ; 英語: Quetzalcoatl)は、アステカ神話の文化神・農耕神である。

その名は古代ナワトル語で「羽毛ある蛇」(ケツァルが鳥の名前、コアトルが蛇の意)を意味し、宗教画などでもしばしばその様な姿で描かれる。また、白い顔の男性とも考えられている。

神話では平和の神とされ、人々に人身供犠をやめさせたという。それ故に、人身供犠を好むテスカトリポカの恨みを買い、呪いのかけられた酒・プルケをそうとは知らずに勧められるまま飲み、気分が荒んだ挙句自分の妹・ケツァルペトラトルと肉体関係を結んでしまい、トゥーラ(又はアステカ)の地を追われた。この際、自分の宮殿を焼き払って財宝を埋めた後自ら生贄となり、火葬された灰が何羽もの美しい鳥となって空へ舞い上がったとも、虹の彼方に消えていったとも、金星に姿を変えて天に逃れたとも言われ、ケツァルコアトルは金星の神ともされるようになった。

ケツァルコアトルは「セーアカトル(一の葦の年)に復活する」と宣言してアステカを立ち去った

コルテスがメキシコに来た1519年が偶然にも「一の葦の年」と一致したため、アステカ人達は、白人である彼らをケツァルコアトルの再来かと錯覚

あわせて読みたいまとめ

1 2