家康一行は、本拠地の三河へ帰国するために、伊賀から伊勢を通り三河へ辿り着くルートを選ぶ事になるのですが、この時正成は、先祖ゆかりの地である伊賀の地元の勢力と交渉を行い、彼らに家康の警護を任せる事に成功。その結果、家康は無事本拠地である三河国へ帰国する事に成功し、正成はこうした伊賀の人々(伊賀同心、同心は「役人」という意味)を統率する役割を拝命する事となりました。

出典服部半蔵は忍者ではない?本能寺の変後の活躍や子孫も解説! | 日本の歴史の面白さを紹介!日本史はくぶつかん

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

仙台密偵のための奥の細道?実は服部半蔵?俳人松尾芭蕉の正体とは?

奥の細道で有名な俳諧師である松尾芭蕉は、歴史上、多くの伝説と謎を遺しています。そのひとつが忍者説であり、あの有名な服部半蔵ではないかという説です。年齢にそぐわない旅した距離や関所をフリーパスできたことは徳川の重要人物でなければできないといった理由からです。夢ある面白い話ですが実際には?

このまとめを見る