この本能寺の変の後で家康が取った行動を「神君伊賀越え」と呼び、同時に服部正成が活躍したエピソードとして今に伝わっています。実際には、正成以外にも京都の豪商である茶屋四郎次郎や伊勢商人の角屋七郎次郎、信長の家臣で家康一行の案内役を務めた長谷川秀一の存在も、この「伊賀越え」を語る上では外せない所です。

出典服部半蔵は忍者ではない?本能寺の変後の活躍や子孫も解説! | 日本の歴史の面白さを紹介!日本史はくぶつかん

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

仙台密偵のための奥の細道?実は服部半蔵?俳人松尾芭蕉の正体とは?

奥の細道で有名な俳諧師である松尾芭蕉は、歴史上、多くの伝説と謎を遺しています。そのひとつが忍者説であり、あの有名な服部半蔵ではないかという説です。年齢にそぐわない旅した距離や関所をフリーパスできたことは徳川の重要人物でなければできないといった理由からです。夢ある面白い話ですが実際には?

このまとめを見る