松尾芭蕉は俳句のために諸国を旅してまわるような人物でした。出身は伊賀で1644年生まれ。

1644年というのは江戸幕府の統治が始まって間もない、徳川将軍三代目・家光の時代です。

父は土豪の家、母の出身は百地氏であり、忍者として有名な百地丹波の娘だったという話で、芭蕉は忍者の家の血を継いでいるという話があるのです。

芭蕉は若いころは伊賀上野の武家、藤堂家で働いています。19歳の時にこの家に仕え始めて、役職は厨房役(調理人)だったのではないかと伝えられています。

その後、主人の藤堂主計良忠とともに北村季吟という俳諧師に弟子入りして俳諧の道に入ります。

出典服部半蔵=松尾芭蕉!?子孫の忍者説や現在は? - 【歴ペディア】歴史の人物、城、戦、ミステリーを分かりやすく!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

仙台密偵のための奥の細道?実は服部半蔵?俳人松尾芭蕉の正体とは?

奥の細道で有名な俳諧師である松尾芭蕉は、歴史上、多くの伝説と謎を遺しています。そのひとつが忍者説であり、あの有名な服部半蔵ではないかという説です。年齢にそぐわない旅した距離や関所をフリーパスできたことは徳川の重要人物でなければできないといった理由からです。夢ある面白い話ですが実際には?

このまとめを見る