1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

クアウテモックとは?

クアウテモック(Cuauhtémoc, 1495年頃 - 1525年2月28日)は、アステカの第11代の君主(トラトアニ、在位:1520年 - 1521年)。名の意味は「急降下する鷲」。エルナン・コルテスと戦った第9代の君主モクテスマ2世の従兄弟にあたる[1]。

クアウテモックが王位につくまで

1520年、アステカ人はモクテスマ2世(モテクソマ・ショコヨティン)のあとに、その甥でモクテスマ2世に次いで位が高かった新王クィトラワクを選んだ。しかし、スペイン軍が持ち込んだ天然痘が蔓延して、在位わずか80日でクイトラワクは死亡し、25歳でトラテロルコ区長であったクアウテモックを王に推戴した。クイトラワクの妃であったモクテスマ2世の娘もクアウテモックに嫁いだ。

首都・テノチティトランでの籠城戦の末…

金銀財宝に目がくらんで何も見えなくなっているコルテスは、5万人もの連合軍を率いてアステカに侵攻を始める。

1521年5月、スペイン軍は湖の小島に築かれたアステカ帝国の首都テノチティトラン(現在のメキシコ市)を陸上と水上から攻撃した。三ヶ所の堤道から攻め込んだスペイン軍と、同盟したトラスカラらのインディオ兵たちは、家を破壊し運河を埋め、湖上からはベルガンティン船で攻め立て、アステカ軍を徐々に都の北にあるトラテロルコに追い込んでいった。

圧倒的兵力と近代兵器にアステカ人たちはなすすべなく、多くのアステカ人たちは虐殺され、女性は強姦され、あるいは奴隷となった。

完全に退路を絶たれ、食料も尽きたアステカ軍は王を守ろうと最後の抵抗を試みた。しかし、矢尽き、刀折れ、橋頭堡の大神殿が陥落すると、クアウテモクは数名の部下を連れて船で逃亡を図るが、スペイン軍の捕虜となった。

クアウテモックはコルテスの短刀を指さして自分を殺すように言ったが、コルテスは彼を殺さず、勇者として手厚くもてなした。しかしそれは始めのうちだけで、黄金の場所をつきとめるためにコルテスは彼を拷問にかけた。

1525年2月28日、反乱を企てたとの疑いにより、クアウテモックはコルテスによって絞首刑に処された。

あわせて読みたいまとめ

1