完全に退路を絶たれ、食料も尽きたアステカ軍は王を守ろうと最後の抵抗を試みた。しかし、矢尽き、刀折れ、橋頭堡の大神殿が陥落すると、クアウテモクは数名の部下を連れて船で逃亡を図るが、スペイン軍の捕虜となった。

出典クアウテモク銅像の移転問題

前へ 次へ