1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

トゥパク・アマルとは?

トゥパク・アマル(スペイン語:Túpac Amaru、、ケチュア語:Tupaq Amaru=高貴な龍又は輝ける龍、1545年-1572年9月24日、在位:1571年-1572年)は、インカ帝国最後の「皇帝」である。ただし、彼が「皇帝」となるより遙か以前に、インカ帝国はフランシスコ・ピサロによって征服されており、一部の残党がクスコ北方のウルバンバ川流域に立てこもってスペインに抵抗を続けていた。この新しい亡命政権を「ビルカバンバ(Vilcabamba)のインカ帝国(スペイン語版、英語版)」と呼ぶ。彼は、この勢力に擁立されたが、その後短期間のうちにこの「ビルカバンバのインカ帝国」は滅亡した。

トゥパク・アマルが皇帝に、そして死すまで

トゥパク・アマルの父、マンコ・インカ・ユパンキは皇帝アタワルパの兄弟(一説に、マンコ・インカ・ユパンキはアタワルパの兄弟ではなく、下級貴族出身とも)だが、インカ帝国の内戦の際にアタワルパと対立したため、征服ののちピサロの傀儡としてインカ皇帝に擁立された。

傀儡皇帝マンコ=インカは1534年のある夜、脱走して山岳地帯に逃れ、ビルカバンバを拠点にして、先祖のミイラをクスコからこの地の神殿に移してインカ皇帝を名乗り続けた。これを「ネオ=インカ国家」という場合もある。マンコ=インカのもとにインディオの反撃が始まり、18万のインディオが1536年にインカの反乱を起こした。

マンコ・インカの死後、彼の3人の息子が次々と皇帝となった。皆それぞれに策を弄し、ある時はスペインの懐柔策に乗って見せたり、形だけ降伏して時間稼ぎをしたりして、この弱小勢力を生き延びさせてきたが、それでもとうとう新インカ帝国の命脈も尽きるときがきた。スペイン勢力は、ついに新インカ帝国を手懐けて服従させることを諦め、武力で征服する道を選んだのである。
三男トゥパク・アマルが皇帝になったのが1571年。

すでに新インカ帝国の勢力は衰微しており、トゥパク・アマルはほとんど何もすることはできなかった。即位から1年あまりのちの1572年4月にはスペイン軍の来襲によって山中の「ビルカバンバのインカ帝国」は滅亡した。トゥパク・アマルは捕らえられて、激しい拷問ののち、同年9月24日にクスコで斬首された。

処刑の時、トゥパク・アマルが処刑台に登り、刑執行人が刀を取り出したとき、先住民の全群衆が悲しみの叫び声を挙げて涙を流した。この様子に、トゥパク・アマルは右手をさっと挙げて人びとを静まらせた。その毅然とした態度に、群衆は一瞬で静まりかえった。それを見ると、トゥパク・アマルは死を目前にしたものとは思えない立派な態度で群衆に対してケチュア語で話し始めたと伝えられている。

あわせて読みたいまとめ

1