1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

◼︎日本で売れる無糖飲料

◼︎日本の無糖文化は特殊らしく

欧米やタイなどは甘いお茶というのがスタンダードなので、日本のお茶を飲むとびっくりされる方が多いそうです。

自然な甘みと苦みのある緑茶の味が美味しく感じられるというのは日本人の感覚

国によっては高級品である砂糖、糖分を摂ることにより、満足感を得たい、贅沢さを味わいたいという意味や思いもあるのです。

◼︎また、ブラックコーヒーも

結論から言うと、「コーヒーはブラックじゃないと」という考え方は、世界的にはあまり一般的ではありません。

というより、ブラックでコーヒー本来の味を楽しもうという概念自体がほとんどないんです。

例えばコーヒー大国であるイタリアでは、濃厚すぎてトロトロのコーヒー「エスプレッソ」に、砂糖をどっさり入れて飲むのが一般的。

アメリカもコーヒー大国として有名ですが、ブラックで飲もうという人はあまり多くありません。

スタバ発祥の国なだけあって、カフェラテやカプチーノのようなアレンジコーヒーを好む人が多いそうですよ。

◼︎近年、日本人の多くは・・・

「糖質ゼロ」「カロリーオフ」と銘打たれた食品を優先的に買い込み、糖質抜きダイエットを敢行している人も多い

ダイエットや健康意識の高まりからか、過半数の人が砂糖・糖分について気を付けていることが明らかになった。

◼︎健康志向が高まり"甘さ離れ"

健康志向の高まりによる、消費者の“甘さ”離れが着実に進んでいます。購入時にラベルを見て原材料を確認する人も増えていて、甘味料すら敬遠する傾向も徐々に強まっているようです

◼︎日本人の無糖好きについては

日本人は料理文化全般の形成過程において中国の影響を受けているために、個人差はあれど比較的あっさりとして素材の味を重視したものを高級とみなし、

1 2