『かごめかごめ』の原型・原曲が確認できる最も古い現存の文献は、1820年頃に編纂された「竹堂随筆(ちくどうずいしゅう)」という童謡集とされている。

この童謡集では、1751年から1772年頃に収集された童謡が収められており、次のような『かごめかごめ』の歌詞が確認できる。

出典かごめかごめ 原曲の歌詞 意味と解釈

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

都市伝説の宝庫である童歌「かごめかごめ」 数々の諸説に逆再生では…

古くから歌われるかごめかごめですが、その歌詞は何を意味しているのかよくわからないわけです。隠語のようにも見える歌詞の並びはある意味不気味さや怖ささえ感じさせます。また、逆再生で聞くと嫌い、お母さんが見捨てたなど童歌とはかけ離れた恨みや怨念さえ感じさせてしまうのです。

このまとめを見る