1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

びっくりだ、今救急車の到着が遅くなっているという…要因は様々な物があった!!

万が一の場合に頼りになるのが、救急車の存在です。そんな救急車の到着時間が遅れていることが話題になっています。原因は高齢化による通報の増加と、不要な通報の増加だそうですが、今後そうならないように様々な策を考えていくことが大切かもしれません。

更新日: 2019年09月09日

12 お気に入り 44714 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

緊急の時頼りになるのが、救急車だ

突然の重い病気やひどいケガをした人に、応急手当を行い適切な医療機関に搬送するのが救急隊の役目です。

一方で、救急車や救急隊員の数は限られていますので、症状の軽い方が安易な救急要請をすることは望ましくありません。

乗らないに越したことはないものですが、困ったときには助けにかけつけてきてくれる、とても頼もしい存在ですよね。

なんと昨今救急車の到着が遅れているらしい!!

一刻を争う事態で救急車を呼んでも、救急車がなかなか来ない。救急車が来ても、救急患者を診(み)ることのできる医師が少ないため、万全の治療を受けられない。

様々な要因があるようだ

社会の高齢化に伴って救急搬送が増加する。それは、救急車の出動台数増加をも意味している。

とくに近年は、救急出動件数、搬送人員ともに、毎年のように「過去最多」を更新しているような状況だ。

そのうちの大きなものが「軽症患者、あるいは救急搬送が不必要な事例による出動が増え、救急活動がオーバーフロー気味となっている」と「高齢者の呼び出しによる出動回数の増加」。

高齢化がさらに進む2030年には、救急車の出動が現在の1.36倍になると予測する報告がある。

すると将来、あなたが救急処置を必要とする時、「近隣の救急車が出払っている」という状況に陥る可能性が高くなる。

救急隊員も、いかに現場に早く到着するかという点に頭を悩ませている。

様々な声が

…オイラがもし、トリアージで"0"判定されたらもう運ばなくて良い。と言うか、無理な2次救命措置は拒否する。 119番ではもう助からない? 救急車の到着が年々遅くなっている 『救急車が来なくなる日 bunshun.jp/articles/-/135…

救急で働いてますが、自分が高齢になったときには救急で受診はできず、そのまま朽ちて死んでいくのかなー...と思ってます。 これは本当にそう感じてます。 理由はいくつもありますが... lite.blogos.com/article/402816/

1 2