●成人してからも肉体的、精神的に少女のようであったという。また身辺には頻繁に神仏が現れ、会話をしたり、舞を舞っていた。

●元々小食であったが、20歳のころから全く食事をとらず、生水の他は生のサツマイモを少量のみ。

●排泄物は殆ど無かったという。また汗や垢といったものも殆ど出ず、風呂に入らなくても髪や体はいつも清潔であった。

出典長南年恵 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【衝撃の伝説】国が認めた公的事実!明治時代の超能力者 長南 年恵

「20歳のころからほとんど食事をとらず、口にするものは生水程度であった」「空気中から神水などの様々な物を取り出すなど、多くの不思議な現象を起こしていた」などと言われている。

このまとめを見る