1900年(明治33年)12月12日、この拘置に対して、神戸地方裁判所で再審が行われた。判決は証拠不十分を理由とした無罪判決となったが、その後好奇心を持った弁護士たちが長南年恵に個人的な試験を申し込み、それに応じて霊水出現の試験が行われる運びとなった。

封をした空きビンを渡し、空きビンに神水を満たせるかと質問したところ、長南年恵はできるといったという。

出典長南年恵 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【衝撃の伝説】国が認めた公的事実!明治時代の超能力者 長南 年恵

「20歳のころからほとんど食事をとらず、口にするものは生水程度であった」「空気中から神水などの様々な物を取り出すなど、多くの不思議な現象を起こしていた」などと言われている。

このまとめを見る