法廷においてその超能力と霊能力を発揮し、その力を認めさせた歴史に残る出来事を残した年恵はその後、生まれ故郷の鶴岡へと戻り、43歳でこの世を去りました。死の2ヶ月前には、自身の死を予言していたそうです。この長南年恵について残る記録は、彼女の弟である長南雄吉によるものが多く、後に心理研究家である浅野和三郎がまとめています。

短い生涯の中で、その不思議な能力を発揮し、世に知らしめた長南年恵。その類いまれな生には、未だに多くの謎が残されています。

出典長南年恵 - 霊能力入門

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【衝撃の伝説】国が認めた公的事実!明治時代の超能力者 長南 年恵

「20歳のころからほとんど食事をとらず、口にするものは生水程度であった」「空気中から神水などの様々な物を取り出すなど、多くの不思議な現象を起こしていた」などと言われている。

このまとめを見る