また年恵は何もないところから物品を出現させる、いわゆる「アポーツ現象」を得意としていた。中でも空きビンを水で満たす現象を最も得意としており、その現れた水を飲むと難病も奇跡的に治癒したという。この水は「霊水」または「神水」と呼ばれた。

出典法廷で認められた神通力「長南年恵」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【衝撃の伝説】国が認めた公的事実!明治時代の超能力者 長南 年恵

「20歳のころからほとんど食事をとらず、口にするものは生水程度であった」「空気中から神水などの様々な物を取り出すなど、多くの不思議な現象を起こしていた」などと言われている。

このまとめを見る