長南年恵は、テレポーテーション(瞬間移動)も自由自在に出来た。目の前から突然いなくなるのである。また、突然現れる。
   
家族の話しによると、いきなり家鳴りがしたり、いつの間にか品物が持ち込まれたりする。

空中でさまざまな音楽が聞こえる。笛、篳篥、鈴などによる合奏である。

その音楽を聞きつけた人達が、家を取り囲むように 群がり、時には警官が何事かと見張りに来ても鳴り続け、その中で年恵はいつもと違った形相で見事な絵画を描いていたという。

出典【裁判所が認めた物質化現象(長南年恵)】 | TOMOの部屋

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【衝撃の伝説】国が認めた公的事実!明治時代の超能力者 長南 年恵

「20歳のころからほとんど食事をとらず、口にするものは生水程度であった」「空気中から神水などの様々な物を取り出すなど、多くの不思議な現象を起こしていた」などと言われている。

このまとめを見る