出典 ciatr.jp

吉田鋼太郎

1959年1月14日生まれで東京都出身です。学生の頃から演劇サークルに所属し、大学中退後は劇団四季やシェイクスピア・シアターなど経て1997年に劇団AUNを結成するなど舞台中心の活動を続けてきました。デビューそのものは、端役で出演した1985年のドラマ『子供が見てるでしょ!』です。

舞台における名役者の地位を確立する一方、2010年前後から積極的にテレビや映画に出演するようになります。2013年の大ヒットドラマ『半沢直樹』で演じた主人公の上司・内藤寛役、さらに翌年の朝ドラ『花子とアン』で演じた嘉納伝助役で、幅広い層に知られる人気俳優となりました。

この情報が含まれているまとめはこちら

若手にはない”魅力”を持つベテラン俳優さんたち♡

ドラマや映画に欠かせない主役級から、脇役まで若手俳優にはない魅力のある俳優さんたちをまとめてみました。

このまとめを見る