1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

もうすぐ消費税 8%⇨10%へ

たとえば、100円のペンであれば、今までは税込で108円でしたが、10月1日以降は、税込110円になります。

ちょうど10%ですので、計算は楽になりますが、ますます負担が大きくなりますね。

増税を嘆く声は多い…

ん?消費税ってそろそろ10%になるんだっけ?アッーー!!

消費税10%まじでむり なんで1/10も国に取られないといけないの

増税のなにがしんどいって、職場の全てを増税に向けたものに直さないといけないのがしんどい。頭おかしくなりそう。

財務省に好き勝手増税され、景気をわるくされ、所得を減らされ、搾取される奴隷です

ただ増税前の買いだめ一通りした後だから、とりあえずは生活できそう。また買わなきゃだけど。。。

しかし世界はもっとヤバかった。。

度重なる消費税の増税により日本の消費税が高額であるような感覚になりますが、実は世界からみれば日本の消費税率はまだまだ低いのです。

ヨーロッパでは20%以上が主流

EU(欧州連合)では1992年改正の「EC指令」によって、付加価値税の標準税率を15%以上とすることが定められています。

27%:ハンガリー
25%:デンマーク、スウェーデン、ノルウェー
22%:イタリア
21%:ベルギー、オランダ
20%:オーストリア、イギリス、フランス
19%:ドイツ
17%:ルクセンブルク

世界で最も高いのは「ハンガリー」

なんと日本の3.3倍にもなります。経済協力開発機構(OECD)の「生活満足度ランキング」がかなり低く、不安定な社会情勢と財政難で、高い消費税率に設定せざるを得ないという事情があるようです。

税率27%ですから、商品やサービスには3割上乗せ。お財布には、厳しいですね。ただし、基本的な食品や医療品、ヒーティングなど生活必需品は5%と軽減されており、基本生活は守られるようになっています。

一様軽減税率もあるみたい

軽減税率として18%と5%がある。軽減税率と対象品目・サービスは次のとおり。

18%:穀物や小麦などを使用した製品、商業宿泊施設など。

5%:牛乳、卵、鶏肉、豚肉、魚などの食品、医療品、本、セントラル・ヒーティング、飲食店での食事、インターネット接続サービスなど特定の品物・サービス。

ただしデメリットだけじゃない。。国民の「診察代」と「学費」は無料みたい

1 2