1. まとめトップ

恋人出来た?SNSの投稿で周囲が気が付く彼氏・彼女の存在

SNSでリア充アピールするには、彼氏・彼女がいなくても恋人がいるような投稿をすれば良さそうです。彼氏・彼女がいるかは別として、「誰と一緒に行ったんだろう?」と予想させることは、モテ男・モテ女になるために重要です。

更新日: 2019年09月10日

0 お気に入り 179 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

◆彼氏に夢中なら、SNS投稿しない

LINEの一言欄で「誰にも渡したくない…Love Forever」と添えることで、一気に恋人います感が出ます。実際はいません。

◆同行者が明かされない投稿

『○○へ行ってきた』という投稿なのに、画像には本人しか写っていない。誰が撮影したの?

スマホや携帯画面に溢れる過剰なアピールは、“そうありたい”と願う彼女たちの悲痛な叫びなのかもしれない。

◆趣味の変化が見える

プロフィール欄に、『お前そんなことに興味ないだろ! 』と思うような項目を載せたとき。スポーツに興味なさそうな女の子が『サッカー』とか

◆恋人の存在は、分かりやすい。

自分でも気付かないうちに恋人に影響されてしまうことってありますよね。めざとい人は画像の隅からも恋人の存在を嗅ぎつけます。

◆過去の投稿内容が変わる

女子力の高いポストに変わる。さらに過去の汚い(笑)ポストが消されているときは、ほぼ彼氏ができたと思って間違いナシ

◆急に投稿がオシャレになる

出不精だった元カレが、ある時期を境にお洒落なレストランやカフェに行ったという投稿をするようになった。聞いてみたらやっぱり彼女ができたらしい

◆1人称の投稿

ラブラブ投稿の中に存在するのは「私が、私が」という一人称だけで、最愛の人であるべき彼は“私の幸福”を引き立てるためのアクセサリーでしかない。

「恋人との仲良しアピール」の中にあるのは「男性に愛されて幸福な私」であって、決して「私と彼との幸せ」ではない。

◆SNSにのせるネタがないのは、寂しい事?

交友範囲が広くて派手な友達が多く、更新やいいね!が多い恋人と比べて、自分はたいしてSNSにのせることも無くいいね!もつかないとなると、悲しい人生のような気がしてしまいます。

◆実際の恋愛には、SNSが悪影響を及ぼす?

『食事の度に写メ撮りまくる女は好きじゃない。一緒にいても楽しくないよ』……だって。

1 2