人間が夜ぐっすりと眠れるかどうかは、自律神経の働きが大きく関係するといわれています。自律神経には「交感神経」=興奮モードと「副交感神経」=リラックスモードの2種類

前へ 次へ