1. まとめトップ

SNSで燃え上がる嫉妬心!自分の生活と比較してリア充の友達にイライラ!

SNSで嫉妬心を燃やしたり、自分の生活と比較して対抗心を燃やしている人は多いようです。インスタの写真、フェイスブックのリア充投稿などが話題になる一方で、自分の生活と比較して嫉妬心が芽生える人も多いのです。

更新日: 2019年09月11日

3 お気に入り 949 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

確かに、リアルが充実する人は、コミュニケーションなどの人間力が高かったり、周りから人気があったりするもの。

◆SNSが楽しくない?

楽しくて愉快な情報を見るためにSNSを利用しているはずが、他人の「楽しくて愉快な情報」は、自分にとって楽しくも愉快でもないのである。

楽しく愉快になるためのはずが、SNSによって余計に不幸になる負のスパイラルに陥っている人がたくさんいるように思う。

SNSだけではなくて、誰かをうらやましく思ったり、嫉妬をしてしまうときは、たいていうまくいっていないときだ。

◆他人と自分の生活を比較してしまう

SNSを毎日ながめていると「まわりのみんなはこんなに生き生きしているのに、それに比べて私は…」と自分がダメに思えてくる。

SNSから大量の情報が入ってくると、その分情報に感情が流されやすくなり、「他人」という物差しや基準で自分の休日の良し悪しを図るようになってしまいます。

◆他人がキラキラして見える

まわりのみんながキラキラしている生活を送っているような気がする。

どんどん成功していく同級生、幸せそうに子どもを抱く後輩、あっという間に有名人になった友達。など

◆羨ましくて立ち直れない

ママ友のSNS見るんじゃなかった。もう3日くらい立ち直れない。羨ましいのと自分たち家族が虚しくてたまらない。

誰かと比べることでより一層ストレスがたまるのなら、思い切ってSNSをやめてしまうと心が楽になるはずです。

◆SNSは、友達への広告

他人にアピールして「いいね」の数を増やすために作られた広告に近いのかもしれません。

個人がソーシャルの力を使って、自分自身をプロデュースし、どんどん力を付けていくということも少なくありません

◆本人は、善意のおすそ分けと思ってる

「自分の幸せをみん何もおすそ分けしたい」と、そんな善良な思いでリア充アピールをしてしまう人とも言えるでしょう。

◆本当に楽しいか分からない

例えば、恋人とのデート写真を投稿している人は、もしかしたら彼氏とマンネリ気味で仕方なく付き添っているだけかもしれません。

◆SNSで頭がおかしくなる

1 2