1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

k_405さん

激混みだった台風後の駅!!

鉄道各社が運転を見合わせた影響で、朝の通勤時間帯は各地で混雑しました。

横浜市のJR鶴見駅では、まさに人の波ができていた。並んでいた会社員の女性は、数時間前から並んでいるが、ずっと立ったままの状態。「暑くなってきているのでつらいです」と、顔を真っ赤にしながら話していた。

こんな時に役に立つ鉄道会社の公式アプリ

駅の混雑状況がわかる!!

「運行してるかどうかはわかるよ、でもリアルタイムに駅の混雑状況がわかれば便利なのに……」と思ったあなた、実は鉄道会社によっては、アプリで改札前の混雑状況をお知らせしています。

同様のサービスは関東圏のほかの私鉄でも提供されており、小田急線、相鉄線、京浜急行線の鉄道公式アプリでも各線の様子を確認することができます。

東急アプリの「駅視-vision-」機能すごいな。改札口のカメラを匿名化して人の動きを色で抽象化して、パッと見で駅の混雑状況が分かるようになってる。例えば今は渋谷駅の人は少ないけど武蔵小杉駅は改札前で足止め食らってる人が多い、とかが分かる。 pic.twitter.com/DI4LnXpHkN

台風のおかげで小田急アプリで混雑状況が見れるのを知ったんだけど、これは神機能。 人が少なくなるまで絶対出ない。 pic.twitter.com/E7pw3UitUF

列車の走行位置や何分遅れているかがわかる!!

東京メトロやJR九州など、運行している列車の走行位置をリアルタイムで表示できるアプリも多い。

列車の走行位置や、何分遅れているかも見られます。これ乗り逃したら次いつ来るの!?とイライラしかけた時に参考になりそう。

JR東日本アプリの「列車走行位置」ってすごいな。今朝、台風の影響が出た時に役に立った。 pic.twitter.com/OePtCLzLe8

電車の走行位置見れるやつ初めて見たけどなんかおもろい笑かわね〜 pic.twitter.com/z1hjizDPI2

今朝の列車走行位置表示、+99分以上は一律『大幅遅れ』なんかなぁ('〜') まぁ、動いてるだけましではあるんだけどネw pic.twitter.com/eZXmXefRDx

「車両別」の混雑状況がわかる!!

田園都市線の車両ごとの混雑度を確認できる「車両別混雑度表示」という機能があります。これは車両の荷重状況を基に算出する社内の乗車率データに、ナビタイムジャパンさまの「電車混雑シミュレーション」のデータを組み合わせて実現した機能です。

JR東日本の公式アプリで線路上の列車の位置が見れることを初めて知った。山手線は車両の混雑状況まで見れる。

東急線アプリ、列車位置や駅の混雑情報は載るけど車両の混雑具合も載せてほしいな。J東がやってるようなやつ。

1