1. まとめトップ

今までの歴史を尊重しつつ真骨頂を極めたパジェロ・ファイナルエディション

1982年に誕生した三菱のSUV・パジェロは長い間に渡って、直列4気筒DOHCのエンジン、4WDの駆動方式、前後で異なるサスペンションを受け継いできて、非常に高い馬力とどこまでも突き進む精神に満ちあふれている。

更新日: 2019年09月10日

2 お気に入り 416 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

RV車ブームを巻き起こして一世を風靡したが2018年に生産販売を終了して、2019年になるとこれまで培ってきた技術を惜しむことなくつぎ込んだ、パジェロ ファイナルエディションが登場したのだ。

cobbyjpさん

三菱自慢のSUV・パジェロは、今までの技術を集結したファイナルエディションを開発した

三菱自動車は、オールラウンドSUV 『パジェロ』に特別仕様車「FINAL EDITION」を設定し、全国の系列販売会社を通じて2019年4月24日から販売を開始する。販売台数700台限定で、車両価格は453万0600円(税込)。なお、現行モデルの国内販売向け『パジェロ』は、2019年8月をもって生産を終了する。

注文書を掲載しようとしたのですが個人情報満載なので、見積書で失礼を。 本日、パジェロ最終仕様「ファイナルエディション」を購入しました。 色はシルバー・ガンメタの3ウェイ2トン、納車は盆前になりそうです。 総額、510万です! pic.twitter.com/PY7p3jMScS

どこまでも突き進むような外観、強靭なエンジンとサスペンション、変速機を融合している

孤高の存在とも言えるパジェロエディションをじっくりと見てみると、これまでのパジェロに敬意を示し、有終の美を飾れるような設計を採用していることがわかる。まずはエクステリアデザインがどこから見ても勇ましいデザインに整っていて、乗車定員は7人まで対応でき、エンジンは今まで使われてきたものをはるかに凌駕する4M41 3.2L 直列4気筒DOHC16バルブICターボのみが搭載され、トランスミッションはINVECS-II 5速スポーツモードA/T、サスペンションはフロントがブルウイッシュボーン・コイルスプリング式独立懸架サスペンション、リアがマルチリンク式ダブルウイッシュボーン・コイルスプリング独立懸架サスペンションという、複雑な構造になった。これだけ充実していれば、けた違いの馬力を発揮できるに違いない。

パジェロ界隈は国外の情報に詳しい人が多いから既に知っているかと思うけど僕に入った情報を… アゼルバイジャンの友人からの情報です。 現行パジェロ、販売終了決定です。 ドイツで発表されたとの事で、ファイナルエディションはロングもショートも特別仕様となっています。 #パジェロ pic.twitter.com/O6jkHSobCG

【試乗記】#三菱 #パジェロ #ファイナルエディション(#4WD /5AT) 「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。 bddy.me/2JYe5fu #試乗 pic.twitter.com/hgeM3iQ9S4

パジェロそのものには、長い間受け継がれていった不屈のDNAが込められている

今改めて三菱・パジェロンの歴史を顧みると、初代からラダーフレーム、サスペンション、フロントミッドシップ構成、ディーゼル及びガソリンがある直列4気筒 SOHCエンジン、前輪に駆動を伝えるFRベースの4WDを徹底させていたことがわかり、その方針は2代目、3代目、4代目へと大切に受け継がれた。これぞまさしく、パジェロという車を根底から作り上げた不屈の精神、DNAと言えるとCOBBY。

2019年3月現在のパジェロのカタログとファイナルエディションのカタログを貰ってきた pic.twitter.com/HlhKyqRLa5

オプションで加えることができる要素は、多くの人が求めるようなものを果たしている

ものすごい迫力と性能があるファイナルエディションは、いくつものオプション設定を用意している。具体的に説明すると、リアデフレクター、スペアタイヤカバー(メッキ)、マットフラップ(アルミプレート仕様)を装備することができ、従来にはないボディカラーであるウォームホワイトパール、アイガーグレーメタリックをエクステリアに加えることもできる。

三菱 パジェロ【ファイナルエディション/装備品紹介】 まさかのコレクターズアイテムも! ⚪︎動画はこちらから↓ youtu.be/01kdCutZN8E どーしようかなァ ガソリンモデルでもいいのかなァ〜 #パジェロ #ファイナルエディション #三菱 #名探偵ホームズ #動画 #着ぐるみ #デザイン #youtube pic.twitter.com/jT3Y5FqE13

たった700台限定で販売して、契約を結ぶと二度と手に入らない記念品が贈られる

やっぱりファイナルエディションは、三菱パジェロそのものが販売終了することになった時に売られ、いかにも特別な感じを出すために700台限定に絞られた。そして購入の契約を結ぶと、「FINAL EDITION」のロゴとシリアルナンバーが刻印されたイルミネーション付スカッフプレート、シリアルナンバー入りオリジナルウォッチ、オリジナルステッカーが送られる。これらの記念品は、パジェロを心から愛している人にふさわしい。

パジェロ ファイナルエディション FINAL EDITIONのロゴ&シリアルナンバーが刻印されたオリジナルスカッフプレート、オリジナルウォッチ。 そしてオリジナルステッカー。特別な一台を所有する歓びを心に刻みます。 オーナー限定ファンミーティングが執り行われる模様。 pic.twitter.com/o24nhukr3h

本日パジェロ ファイナルエディション契約しました 免許取得後の初めての愛車がパジェロになりますが頑張って乗っていきたいと思います あと新型ランサー&エボが早ければ今年の東京モーターショーで発表されるらしいです!! 新型は三菱主導で開発され(エイプリルフールネタですごめんなさい pic.twitter.com/KsNpYOozka

パジェロ FINAL EDITIONは今日から発売。内装はブラックとベージュがあるみたい。本革シートだから汚れそうだけどベージュもよき。 mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/… pic.twitter.com/HtsimFD6VO

安全を守るために、今までをはるかに凌駕するような最新装備が加わった

車を走らせる上で求められる安全装備は、2代目の頃から行われてきた自動車衝突安全テストで徐々に確立していき、オフロード4WD初のSRSエアバッグシステムが搭載され、ダイナミックな走りを根底から支える確かな安全性能へと発展した。そしてファイナルエディションでは直進安定性に優れ、路面の影響が受けにくくなり、SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグが標準装備となった。ちなみにかつて行われてきた自動車安全テストは、基準が非常に厳しいものだった。

パジェロ FINAL EDITIONのカタログが届きました 長年愛され続けたパジェロの最終形✨ パジェロの歴史に刻まれる特別な700台限定車です ご予約承っておりますので、是非ご来店お待ちしております✨ #三菱自動車 #三菱 #パジェロ #車好き #SUV 店舗情報はコチラ↓ shizuoka-mitsubishi.co.jp/archives/showr… pic.twitter.com/cnhEzDDWca

【速報!】FINAL EDITION パジェロ悪路試乗!! 遂にファイナル!砂漠の王者 三菱パジェロ・FINAL EDITION ~極悪路試乗~ by 中谷明彦 めっちゃいいですよ、パジェロ。2018仕様の最新パジェロを三菱販売店で試乗したけど、走りも加速もハイウェイ走行も完璧な走りをしたよ! youtube.com/watch?v=atjurb… pic.twitter.com/GVVTaIi46C

休日は三菱車で出かけませんか❓ アウトドアシーンをもっと楽しく快適に❣️ パジェロ 「 FINAL EDITION 」は 人気オプションのルーフレールと 電動ロングサンルーフが標準装備✨ ホームページはこちら bit.ly/2DX7nnb #三菱 #パジェロ #4WD #オフロード pic.twitter.com/3apbRHKz9h

例えパジェロの歴史が終わってしまっても、これらのコンセプトカーに意思を受け継いでいる

37年間にも及ぶ歴史を紡いできたパジェロは、誇り高き三菱自動車のSUVを成し遂げ、迫力満点の堂々とした姿を保ちつづけた。当然展開は海外にも及び、現地で求められる走りをきちんと果たした。そしてパジェロの歴史が終了してしまっても、その勇ましい姿を受け継ぐコンセプトカーが考案されていて、次世代ラージSUVコンセプト『MITSUBISHI Concept GC-PHEV』、グラウンドツアラーSUV『MITSUBISHI GT-PHEV Concept』の実現に向けて進んでいる。

【Concept GC-PHEV(Mitsubishi)】 三菱自慢の四駆技術とITをフル活用した車内のモニターシステムとスマートフォンの情報を取り込みオリジナルのマップを表示できるタクティカルテーブルが特徴。 pic.twitter.com/k5tnUTqtA5

1 2