2011年の3月11日は、忘れもしない東日本大震災があった日でした。
私だけではなく、被災された方にとっては思い出したくもない体験です。

私は当時、宮城県の沿岸部からほど近い所に住んでいました。
それまで働いていた職場を辞め、転職先も決まっていたため繋ぎとしてアルバイトをしながら生活をしていた時でした。

その頃は頻繁に大きな地震が発生しており、宮城県沖地震がもうそろそろ来るんじゃないかとアルバイト先でも噂になっていました。
私は地震など怖くないと思っていたので、むしろ来るなら来いというような気持ちもどこかにあったような気がします。

震災当日、シフトが入っていたため通常通りに仕事をしていました。そして14時46分、揺れが始まります。
皆地震に敏感になっていましたから、避難は迅速なものでした。私の隣で仕事をしていたオバちゃんは特に敏感で、少しでも揺れが来るものなら真っ先に
「地震来たよ!」
と叫んで会社の駐車場に逃げる人のため、その時も一番に逃げていました。
地震をなめ切っていた私も、一人で残っているわけにはいかず一緒に避難しました。

あらかた全員が避難をして駐車場に集まっても、揺れは一向に収まりません。なんか長いね~なんて呑気に話をしてた矢先、世界が一変します。

ドンッ!!

ものすごい地鳴りと共にこれまで経験したことのない大きな揺れが来て、悲鳴が上がりました。周り建物はまるで皿の上にひっくり返したプリンのように震えて軋み、その場に立つことも困難となりました。
その時は「宮城県沖がついにきたか」と感じましたが、すぐにその考えは恐怖にかき消されました。
大きな揺れが全く収まりません。

地球が震えている!今にも地面が全て崩れ落ち、奈落の底に落ちてしまいそうな程の揺れ。地面にうずくまっているのに、まるで高層ビルの屋上にいるかのような恐怖を感じました。
「早くおさまれ!」
その揺れは、とても長い間続いたような気がしました。

「これは只事じゃない…!」

前へ 次へ