1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

台風→停電で「電柱を地中化せよ」という意見が出まくってた

全てではありませんが、台風による電柱及び電線の倒壊、破損で停電が相次いでいます。これに対して「電柱の地中化」を望む声が大きくなっているようです。

更新日: 2019年09月10日

10 お気に入り 27052 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■台風が過ぎ去っても尚続いている停電

台風15号の千葉市上陸から丸一日。街路樹が根こそぎ倒れたり、ゴルフ練習場が倒壊したり、交通網が寸断されるなど都市部を直撃した台風の恐ろしさを目の当たりにした。千葉県では現在でも57万6400件の停電が続いている

停電の地域の一部に鴨居4丁目が復帰指定な為、横須賀美術館、京急観音崎ホテル、観音崎自然博物館は9日閉館

■激しい残暑で熱中症にも注意が必要だ

台風15号によって大きな被害を受けた千葉県では、厳しい暑さとなっています。復旧作業が続けられているものの、現在も停電している地域があります。

台風一過の猛暑の中、エアコンが使えない状況が続いている地域もある。二次被害として熱中症の危険性も高まっている

家が停電した人「(エアコン)つかないね~」、「網戸は全部開けているんですが、(室内は)33度ある感じですね」

■このような停電で注目されたがの「電柱の危険性」だ

台風や地震などで電柱が倒壊すると道路通行を妨げ、被災地の救助や復旧を遅らせるリスクが高まります。

東京都心を含めて大都市で記録的な暴風が吹く恐れがあります。電柱が倒れて停電になる可能性がある

東電によると、約十万軒に電力を供給する千葉県君津市の鉄塔二基が倒壊したほか、各地で電柱や電線が損傷したことが停電の原因

■このような被害を減らせる方法として「電柱の地中化」がある

電線類地中化(でんせんるいちちゅうか)とは電線(電力線・通信線等)および関連施設を地中に埋設すること

「防災」・・・大規模災害(地震、竜巻、台風等)が起きた際に、電柱等が倒壊することによる道路の寸断を防止します。

停電の原因は、これからはっきりするのだろうが、台風で電柱が倒れたり、架線が切れたりしたことが影響しているのではないだろうか。電線地中化を怠ってきたつけがまわってきた

■ネットでも声が大きくなってるみたい

地震と台風どっちが頻度高く来るかっていうと台風なので電柱地中化は有効なんだと思うんですが、多分今回被害受けたような地域は後回しにされる。

電柱地中化の話を聞くと、日本って後進国だな、ってなるね

千葉の台風被害見てると、電柱地中化の意義がよくわかる

昨日の台風のニュースで電柱が折れている映像が結構流れていた。本当に危険だと思おう。電柱地中化早くしないと!

台風こんだけ来ていつも停電になるのになんで日本は電柱地中化しないのか。アホなんすかね

■日本は電柱の地中化が遅れている

1 2