1. まとめトップ

あなたの両親は大丈夫?巧妙化していく詐欺!被害額は一件当たり230万円ほどに!

最近ではオレオレ詐欺などの直接現金を狙うパターンでは口座情報の提供などから警察も早急な対応が可能となっています!被害にあった場合は警察、銀行にすぐ相談を!……しかし、今日本には合法で多額を請求できるんです!老人だけではなく、若者も狙われている合法化詐欺とは!

更新日: 2019年09月10日

1 お気に入り 432 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yukiringo-77さん

こんなに報道されているのに減らない詐欺…それはなぜか

詐欺師はあの手この手を使って被害者から理性的な判断力を奪います。それが大きな落とし穴。たとえどんな人でも「うちは絶対に大丈夫!」ということはありません。今一度、家族としっかり話し合ってみませんか?

言い方は悪いですが、詐欺師の方はその道のプロです。対策していても少しの気のゆるみを見逃しません!

合法化している詐欺って?

法律上問題がないのです!なぜなら契約書がしっかり書いてあったりするのです。ここでは詐欺と表記してありますが法律上商売です。

携帯を買う場合高いから少しでも安くするためにいろいろなオプション付けますよね…

クックパッドなど人気アプリが使い放題となる380円の「スゴ得コンテンツ」や、2700以上のアニメが見放題となる400円の「dアニメストア」、ランニングや筋トレなどをサポートする複数のアプリが使い放題となる350円の「ランタスティック・フォー・ドコモ」と、通話やメール、インターネットの利用には必要のない有料オプションが少なくとも10項目確認できる。

これらは全て初回31日間は無料をうたっているが、解約しなければ、無料期間終了後は月々3172円の料金が発生する。

通販やオークションなどで度々問題になる送料費用の詐欺事例、裁判の結果は?

「被告の発送『一律160円』という商品説明は、実際の送料実費以外に、送付の手間や梱包材利用等を含めた一切を発送費用と捉えることができるから、たとえ実際の送料実費が80円であったとしても、残りの80円を返還しなければならない内容の契約とは認められず、被告に80円の不当利得返還義務は存在しないものと認める。入札者は、入札金額と出品者の提示する送付費用の合計額をもって商品を入手できると解するのが通常の入札者の考えと思われ、本件のように発送『一律160円』と明記されている場合には、その趣旨は明白であり信義誠実の原則に反する行為とは言えない」

ニュースでも問題になった保険への加入問題

保険の場合は特にどういった時に払われるかなど、確認を怠るといざって時に払われません!契約時には注意を!安いからといってネットのみで済ます場合は落とし穴があるかもしれませんよ?

高齢者の生命保険契約に関する相談をみると、

「資産運用」や「個人年金」をうたった保険を勧誘されている
子や孫を被保険者とする保険を契約させられている
本人の意に反して、契約内容を書き換えられている
高額な保険料を支払わされている

「かんぽ生命の保険の乗り換えの際、元の保険を解約したのに新契約を断られたり、新契約を結んだものの、病歴を告知しなかったとして保険金が支払われなかったり、半年以上保険料を二重に徴収されたり、4~6カ月、無保険になっていたり。こうした例が2014年以降、9万3千件あると判明したのです」

水道水よりもやっぱりおいしい水が飲みたい!ミネラルウォーターは高い!

ウォーターサーバーを無料レンタルできる会社は「お水」を毎月の定期や2本以上は頼んでください。という取り決めを行っているのです。無料なのはサーバーのレンタル代だけ。
契約する時はどうぞこれは理解したうえで契約しましょう。また、契約後は基本的に2年ほどの契約期間があります。途中解約すると違約金が発生します。この理解も必要です。

設置費無料、レンタル無料……でも水自体がすごく高いかもしれません!

新興宗教よりもたちが悪い自由診療もあります!

自由診療になると、治療費はまったく、自由に価格が設定されます。これは、歯科医の裁量権の範囲です。
歯石を取るのに、5000円であろうが100,000円であろうがまったく良いわけです。

医院と患者さんとの間の契約になります。患者さんが納得すればいくらでもかまいません。これが自由診療の意味です

なんでこんなに合法化が多いの?

かんぽ生命保険を巡る一連の不正販売問題は10日、日本郵便とかんぽ生命の両社長が謝罪に追い込まれる事態に発展した。両社は記者会見で、再発防止策を打ち出したが、保険料の二重支払いなどの問題発覚後も厳しいノルマが課され続けている。

営業職のインセンティブ制度としては、販売数に応じたインセンティブ報酬が挙げられます。これは契約数とも言い換えることができますが、月、あるいは中長期的な目標においてノルマ以上の販売数(契約数)を達成できたことによって報酬が支払われるものです。

転職サイトで拝見すると上記関連の仕事には売り上げに応じて給与がすぐに上がるインセンティブという制度が多いですね

営業職や商売などでは売り上げが大事!売り上げの為にはあの手この手で契約を迫ります!それが自分の給料に変わるからです!

1