1. まとめトップ

内閣異例の大改造へ…小泉氏初入閣に、石破派入閣無しに様々な声があがっている!!

内閣は超大型の規模になる事が話題になっています。小泉進次郎氏が環境大臣になる事も驚きですが、なんと石破派の入閣が0というのも大変驚きだという声があがっています。今後の石破氏の動向と小泉進次郎氏の動向がかなり見物だと思いませんか?

更新日: 2019年09月11日

1 お気に入り 1299 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

9月に、異例の大規模内閣改造が行われる

安倍晋三首相(自民党総裁)は3日の党役員会で、内閣改造と党役員人事を11日に行うと表明した。

首相は役員会で「参院選で頂いた国民の支持と信任、負託にしっかりと応えるため人事を刷新し、安定と挑戦の強力な布陣を敷きたい」と述べた。

その上で「わが党には老壮青、たくさんの人材がいる。そういう方々にも光を当てながら考えたい」と述べ、大規模改造をにじませた。

内閣の骨格を残しつつ、そのほかのポストは大幅に入れ替わり、初入閣13人は安倍政権で過去最多となる。

麻生太郎副総理兼財務相と菅義偉官房長官は留任し、政権の中枢は維持するが、19閣僚の多くを代える大規模改造となる可能性がある。

小泉進次郎氏入閣決定、のちの総理への布石か?

11日に行われる内閣改造の新たな顔ぶれが明らかになってきています。

安倍総理の側近議員らの閣僚への起用が目立っていますが、注目の小泉進次郎衆院議員の初入閣が内定しました。

小泉厚労部会長がこれまで取り組んできた東日本大震災からの復興のほか、改造内閣の目玉政策となる全世代型社会保障と密接に関係する子ども子育て政策担当、または環境大臣などで処遇される可能性があるということです。

自民党の小泉進次郎・代議士が、滝川クリステルとの電撃結婚に続いて、またも世間を賑わせた。

来年1月に予定される第1子誕生を前に、「率直に考えている。議員の育休は何がいい形なのか、いろんな方々のアイディアを聞きたい」と育児休暇の取得をほのめかした。

なんと石破派からの入閣がないだと…孤立はさらに深まるか?

11日の内閣改造では、閣僚19人中17人が交代し、小泉進次郎氏を含めて13人が初入閣となる。

一方、高市早苗氏が総務相、自民党の加藤勝信総務会長が厚労相で再登板するほか、萩生田光一、河井克行、衛藤晟一の各氏ら首相に特に近い側近らが軒並み初入閣し、「お友達」重用が目立つ。

菅義偉官房長官(70)以外の、19閣僚中17人を交代させる大規模改造を行う。

にもかかわらず…

様々な声が

内閣改造発表してるけどさ…我ら千葉県民の災害に対して何も助けてくれたりしないんか… 家はまだいい方だけど助け合いだよ…救急車よく走ってるよ…断水も停電もしてるお家多いよ… 悲しいね

説明不足のまま、うやむやに逃げた人たちを「そろそろみんな忘れたでしょ?」と登用するパターンばかり。 萩生田光一幹事長代行が文部科学相。甘利明選対委員長が党税制調査会長。甘利氏の後任に下村博文憲法改正推進本部長。幹事長代行に稲田朋美筆頭副幹事長。 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-…

1 2