1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

国内最強の害虫と呼ばれる・・・

凶暴性No.1がオオスズメバチで、キイロスズメバチも好戦的。都市部で営巣することもある。

先日には男性が全身を刺されて死亡

スズメバチに全身10ヵ所以上刺され男性死亡 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-… …限りなく最強に近い生き物。これは不運だったとしか…。絶対戦いたくはないわ。

近年は都会でも急増しているという

9~10月は新女王蜂が成長期で食糧が必要になるのに、ほかの昆虫の数は減るため、特に凶暴化する。

キイロスズメバチのように都市環境に適応して巣作りを行う種類もいて、都会での被害も増加しているという。

(NG行為)「スズメバチに触れる」、「スズメバチを攻撃する」、「スズメバチの餌場に近づく」、「巣に近づく」

また、秋の行楽で注意なのが・・・

虫刺されが多くなる季節だが、チョウやガの毛虫(幼虫)の中には毒針毛を持つものもいて皮膚炎などを引き起こす

飛んできた毒針毛に触れるだけでも、皮膚炎を起こして強烈なかゆみに襲われることがあるのです。

かゆみの強い赤い発疹がでることも

チャドクガなどに刺されることによる痒み症状は毛虫皮膚炎と呼ばれ、春から秋にかけて多発する。

チャドクガは、ツバキ、サザンカなどに発生し、都市部の公園などにも生息しています。

幼虫が一番発生しやすい時期は5~6月と8~9月です。気候によっては年3回発生する地域もあります。

マンションや宿泊施設に潜伏する

1 2