日光の名所「明智平」は、天海が名付けたという伝承。

天海が深く関わった日光東照宮にある、光秀の家紋「桔梗紋」の存在。

豊臣方で戦った光秀の孫・織田昌澄は大坂の陣の後、家康によって助命。

徳川秀忠・家光の名前と、光秀という字の共通点。

徳川家光の乳母に、光秀の重臣だった斎藤利三の娘・春日局が採用。

出典明智光秀は本能寺の変の後に亡くなっていなかった説。天海になって生き延びたのは本当なのか? (2019年6月20日) - エキサイトニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

歴史的ロマンを感じさせる明智光秀=天海説 信憑性は高い?単なる都市伝説?

松尾芭蕉が服部半蔵など歴史上の人物が入れ替わって生存していたという説は、日本史が好きな人以外でも惹きつけられる話です。そのなかでも本能寺の変を起こし信長を討った明智光秀が側近として江戸の発展に関与した南光坊天海だったという説は今なお論争が繰り広げられるほどです。これは単なる都市伝説とは思えませんね。

このまとめを見る