そんな天海に弟子が尋ねたところ、「生まれも年齢も忘れてしまった」と語っているそうです。身近な人にさえ自分の出自を語ろうとしない天海の存在は、神秘的なものだったのではないでしょうか。

また、天海の年齢も諸説ありますが、かなりの長寿であったと伝わっています。現在では1536年生まれ、没年が1643年が定説となっており、なんと数え年で108歳だったそうです。

出典明智光秀は本能寺の変の後に亡くなっていなかった説。天海になって生き延びたのは本当なのか? (2019年6月20日) - エキサイトニュース(2/2)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

歴史的ロマンを感じさせる明智光秀=天海説 信憑性は高い?単なる都市伝説?

松尾芭蕉が服部半蔵など歴史上の人物が入れ替わって生存していたという説は、日本史が好きな人以外でも惹きつけられる話です。そのなかでも本能寺の変を起こし信長を討った明智光秀が側近として江戸の発展に関与した南光坊天海だったという説は今なお論争が繰り広げられるほどです。これは単なる都市伝説とは思えませんね。

このまとめを見る