天海の主な役割は比叡山の僧としての仕事と朝廷との交渉、そして大坂の陣のきっかけとなった方広寺鐘銘事件にも林羅山

と共に深く関わっています。

その他にも家康の死後、「東照大権現」という神号を与えたことや、江戸という町を陰陽道や風水に従って都市構築を考えたという功績もあります。

出典明智光秀と南光坊天海は同一人物?その可能性はあるのか? | 大河ドラマ セレクト日本史

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

歴史的ロマンを感じさせる明智光秀=天海説 信憑性は高い?単なる都市伝説?

松尾芭蕉が服部半蔵など歴史上の人物が入れ替わって生存していたという説は、日本史が好きな人以外でも惹きつけられる話です。そのなかでも本能寺の変を起こし信長を討った明智光秀が側近として江戸の発展に関与した南光坊天海だったという説は今なお論争が繰り広げられるほどです。これは単なる都市伝説とは思えませんね。

このまとめを見る