ちなみに明智は本来美濃(現在の岐阜県)にある土地の名前ですが、それを含めて関東の日光に明智の足跡を残そうとするのは何か特別な意味があると考えられてもおかしくないでしょう。

ただ、桔梗紋は何も明智家だけが家紋としていたわけではありません。

桔梗紋は本来清和源氏に共通する家紋であり、明智家をはじめ数多くの清和源氏系の家が少しづつ形を変えながら使用していった歴史あるものです。

それに日光東照宮の桔梗紋も決して明智家のものと完全に同じというわけではないため、ここで決めつけるのはやや早計です。

出典明智光秀と南光坊天海は同一人物?その可能性はあるのか? | 大河ドラマ セレクト日本史

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

歴史的ロマンを感じさせる明智光秀=天海説 信憑性は高い?単なる都市伝説?

松尾芭蕉が服部半蔵など歴史上の人物が入れ替わって生存していたという説は、日本史が好きな人以外でも惹きつけられる話です。そのなかでも本能寺の変を起こし信長を討った明智光秀が側近として江戸の発展に関与した南光坊天海だったという説は今なお論争が繰り広げられるほどです。これは単なる都市伝説とは思えませんね。

このまとめを見る