山崎の合戦で敗走中に落ち武者狩りの農民に竹やりで重症を負わされて切腹したと伝わる明智光秀。家来の溝尾庄兵衛に介錯をたのみ切腹した後、京の知恩院近くに首が埋められたという塚があります。

通説では、首が埋められた翌日に農民により掘り出されて豊臣秀吉の元に届けられ、本能寺にて光秀の首はさらされました。しかし、腐敗が酷く明智光秀と見分けがつかなかったとも云われております。

出典明智光秀=天海説が面白い!かごめかごめに隠された暗号とは? | TiPS | 漫画・アニメがもっと楽しくなる情報メディア

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

歴史的ロマンを感じさせる明智光秀=天海説 信憑性は高い?単なる都市伝説?

松尾芭蕉が服部半蔵など歴史上の人物が入れ替わって生存していたという説は、日本史が好きな人以外でも惹きつけられる話です。そのなかでも本能寺の変を起こし信長を討った明智光秀が側近として江戸の発展に関与した南光坊天海だったという説は今なお論争が繰り広げられるほどです。これは単なる都市伝説とは思えませんね。

このまとめを見る