公判では、中村被告に「追突すれば死亡させるかもしれない」という認識(未必の故意=殺意)があったかどうか、交通事故に殺人罪が成立するかどうかが争点となった。

出典「あおり運転」で殺人罪を控訴審も認定、今後、規制や厳罰化は進むか | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン

前へ 次へ