1. まとめトップ

【青く澄んだ海はまさに宝石】なぜ沖縄の将来は明るいか?

沖縄と言えば青い海、サンゴ礁、城(グスク)、首里城… そんな沖縄に訪れた経済発展という豊作の季節! このまとめでは、そんな沖縄の明るい将来に焦点を当てています。

更新日: 2019年09月14日

2 お気に入り 2737 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

きらめくサンゴ礁と青い海に抱かれた楽園「沖縄」。底まで見通せるほど透明度の高い海に囲まれた沖縄に秘められた可能性の深さは計り知れません。

RichardGongさん

あなたは沖縄の将来が明るいことをご存じですか?

「はい」と答えた方へ: 正解です。沖縄の将来は、明るいのです。

1. 概要 - 沖縄県について

沖縄県(おきなわけん)は、日本で最も西に位置する行政区画及び地方公共団体。沖縄本島・宮古島・石垣島など多くの島々から構成される。県庁所在地及び最大の都市は那覇市。

2. 沖縄の将来が明るい理由

(1) 人口増加

他の都道府県とは異なり、沖縄は自然増による人口増加の割合が大きいです。同じく人口が増加している首都圏でも、その要因は社会的増加、つまり他の地域から移り住んだ人の数が出て行った人の数(死亡も含む)よりも多いことです。日本政府が人口増加の上で重視しているのは、自然増による人口増加です。そのために、保育園の建設や保育士の増員、育休の推進に力を入れています。その意味で沖縄が自然増による人口増加の流れを維持しているのは特筆すべきことです。

移住などを除く人口の「自然増加率」も、2010年時点で全国1位となっています。
少子化問題が何年も話題になっていますが、
特殊合計出生率(女性が一生で何人子どもを生むかという数)は2010年全国平均の1.39人に対し、
沖縄県は1.87人と全国1位。
14歳以下の人口も全国1位と、日本の他の地域とはかなり異なる状況です。

こうした状況の背景には、沖縄県は他の都 道府県に比べて、1共同社会的な精神がまだ 残っており、子どもを産めばなんとか育てて いける。2男児後継ぎの意識が強く残ってい るので男児が生まれるまで産児を制限しない という説がある。

(2) 活性化していく経済

上述の人口増加に加えて研究施設が建ったことなども関係し、沖縄の不動産価格は上昇しています。これは観光だけでなく、投資先としても沖縄が魅力的であることの証明だと言えます。今後ますます発展する沖縄の経済力を考慮すれば、その将来の明るさは一目瞭然です。

参考: 前年比からの増加分(左図より)
・東京: +4.19%
・沖縄: +9.30%

2016年の沖縄県の平均の土地価格※1は、1㎡あたり7万7227円でした。これは上昇率3.78%で、47都道府県ランキングでは8位にランクインしています。沖縄県の地価公示価格の平均でも13位にランクインしており、全国でも注目されている場所と言えるでしょう。

(3) 相互扶助の精神

お金よりも大切なもの、それは人と人とのつながり。沖縄には「ユイマール」という相互扶助の精神が根付いており、家族や親戚、友人間で助け合って作業する慣習が存在します。
仕事は人と人とが協力して築き上げて利益を生み出すもの。沖縄の文化に脈々と受け継がれてきた「ユイマール」は、後の世まで続く繁栄の礎となるでしょう。

ウージ(サトウキビ)畑の収穫の際、例えば5人でゆいまーるが組織されたとする。そのとき5名が一致団結して一件ずつ順番に全てのサトウキビ刈りを行う。この組織を「結い組」というが、リーダーの存在しないインフォーマル・グループなのである。ゆいまーるは農作業に限定されず、家屋や墓地の建造にも及ぶ。また沖縄では金銭的な相互扶助の習慣も根強く残っており、ほとんどの県民が何らかの模合のメンバーとなっている。

3. 沖縄のさらなる繁栄を受けて、私たちがすべきこと

今後も沖縄は発展し続け、観光地としても、産業の中心地としても、その輝きは増すばかりでしょう。それはまさに青く澄んだ海のよう。前途洋々な沖縄の将来を知ったことで、例えば投資先、あるいは就職先として沖縄に注目する方も増えるのではないでしょう?
大切なのは、「次に何をするか」です。沖縄の会社や不動産に投資をするのか、あるいは就職先として沖縄に行くのか、選択権はみなさま一人ひとりに委ねられています。豊かな生活を送るために必要なのは、行動する勇気と絶え間ない努力です。

あなたも青く澄んだ明るい将来を手に入れるため、日々がんばりましょう!

1