1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

◼︎TBS「クレイジージャーニー」が不適切な演出で放送休止

問題となったのは、爬虫類ハンターの加藤英明氏がメキシコに生息する珍しい生物を探し捕獲する旅に同行取材する企画。

事前に準備した生物を、あたかもその場で発見したように撮影し、放送した“やらせ”があったことを公表し、謝罪した。

「生息域を捜索したものの発見できなかったことから、事前に準備していた生物を放ち、撮影しました」と報告し、調査が完了するまで放送休止することを発表した。

◼︎事前に準備していた生物の種類は、合計15種類にのぼるという

調査により、過去11回の放送で事前に準備していた生物は、合計15種類にのぼることも明らかになった。

TBSは報道各社にFAXを送付。公式ホームページでも「『クレイジージャーニー』からのご報告とお詫び」として、事実を公表し、謝罪した。

「今回の事態を私どもは重く受け止め、当番組は調査が完了するまで休止します。番組を御覧いただいている視聴者の皆様に重ねてお詫び申し上げます」

◼︎ネットでは悲しみの声が続出

えぇ、、クレイジージャーニー、、、、ちょっとショックだなぁ 多少のヤラセはいいけど、結構やっちゃったのか、、

クレイジージャーニーの放送中止はショック…(;´・ω・)動物相手だから捕まえられないことだってあるのは分かってるのに…そこについてったTV局の思惑に巻き込まれた感じなのかな

クレイジージャーニーだけはガチであって欲しかったけどなあ

クレイジージャーニーはけっこう掘り下げてみせてくれるからけっこうすき…だったな。

クレイジージャーニーの打ち切りだけは本当に勘弁してほしい。NHKのドキュメンタリー番組以外本当につまらなくなったテレビで唯一異彩を放っている民放の番組だから。

◼︎TBSでは、先日にも同様の問題が発覚したばかり

◼︎実際の投球よりストレートの球速が速く見える加工していた

同番組は8月11日放送分で、リトルリーグ全国大会で全打者三振の完全試合を達成した当時12歳の少年の試合映像を放送した際、

映像を早回しすることで、実際の投球よりもストレートの球速が速く見える“加工”を行っていたことを報告。

◼︎過去放送分も調査したところ、現時点で3回の加工があったという

TBSは10日、都内の同局内で10月期番組改編説明会を行い、5日に一時休止することを発表した『消えた天才』(毎週日曜 後8:00)について「精査中」とした。

1 2