今では一番いい日取りとされていますが、もともとは一神教の安息日と同じような意味合いでした。 名称も大安ではなく『泰安(たいあん)』。

どちらかというとあまり積極的に動くのはよくなく、ゆっくりと休養したり、リラクゼーションに時間を使うとよい日とされます。

出典六曜の本当の意味 | 東京駅前・日本橋から当たる占い雑学

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

縁起のいい日ではなかった?「大安」 悪い日ではない?「仏滅」 本当の意味とは?

大安といえば「おめでたい日」であり、逆に仏滅は「縁起が悪い」と思われていて、結婚式などの節目には大安に合わせることが多いです。この大安や仏滅はもともと六曜であり、単に曜日として使われていたようです。当然今思われているような意味合いはないようで、これも誰かの策略で今日の意味合いになったようですが…

このまとめを見る