六曜の起源は、中国の六壬時課または小六壬と呼ばれる時刻、日の吉凶占いで、それらが室町時代に輸入され、陰陽道の影響を受けたり、民衆に広がり今に至ります。

六曜の起源となる六壬時課または小六壬は、本来軍事戦略の時間の吉凶を占うものだったという歴史があり今考えられている大安や六曜とはとらえ方が違うかったようです。

出典大安とは|大安の意味・行うと良い事や暦の上で大安の日より良い日を紹介 | 神仏.ネット

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

縁起のいい日ではなかった?「大安」 悪い日ではない?「仏滅」 本当の意味とは?

大安といえば「おめでたい日」であり、逆に仏滅は「縁起が悪い」と思われていて、結婚式などの節目には大安に合わせることが多いです。この大安や仏滅はもともと六曜であり、単に曜日として使われていたようです。当然今思われているような意味合いはないようで、これも誰かの策略で今日の意味合いになったようですが…

このまとめを見る