また室町時代に輸入され、日本で独自の進化を遂げた六曜は江戸時代に大流行りして、幕府がむやみに暦を信じないようにと御触れを出します。

さらに明治時代になると、六曜は暦から消されてしまいます。

出典大安とは|大安の意味・行うと良い事や暦の上で大安の日より良い日を紹介 | 神仏.ネット

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

縁起のいい日ではなかった?「大安」 悪い日ではない?「仏滅」 本当の意味とは?

大安といえば「おめでたい日」であり、逆に仏滅は「縁起が悪い」と思われていて、結婚式などの節目には大安に合わせることが多いです。この大安や仏滅はもともと六曜であり、単に曜日として使われていたようです。当然今思われているような意味合いはないようで、これも誰かの策略で今日の意味合いになったようですが…

このまとめを見る