これら六曜は、もともと時間を区切る指標として活用されていたと考えられているが、現代では逆に占い的な性格を持つ六曜によって人の行動が制限されるという逆転現象を引き起こしている。
そして現代にいたって六曜は、日時の吉凶を示すものとして認識されるようになった。
そんな現代における六曜の吉凶、あるいはそれぞれの言葉の意味は、以下のとおり。

出典六曜の意味と機械的な割振りの事実を知っても、まだ六曜を気にする? - 禅の視点 - life -

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

縁起のいい日ではなかった?「大安」 悪い日ではない?「仏滅」 本当の意味とは?

大安といえば「おめでたい日」であり、逆に仏滅は「縁起が悪い」と思われていて、結婚式などの節目には大安に合わせることが多いです。この大安や仏滅はもともと六曜であり、単に曜日として使われていたようです。当然今思われているような意味合いはないようで、これも誰かの策略で今日の意味合いになったようですが…

このまとめを見る