六曜は、江戸時代までは誰も知らなかった暦法で、
明治時代になってから急に、結婚式やお葬式などに使われるようになった慣習です。

ですので、「大安」に結婚式をしようが、「仏滅」に結婚式をしようが、全く関係ないと、私個人的には思ってしまいます。

「仏滅」に結婚しようが、続くカップルは続きますし、「大安」に結婚しようが、別れるカップルは離婚してしまうと思います。

出典大安・仏滅などの「 六曜 」暦。ただの迷信なので気にしなくても・・・。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

縁起のいい日ではなかった?「大安」 悪い日ではない?「仏滅」 本当の意味とは?

大安といえば「おめでたい日」であり、逆に仏滅は「縁起が悪い」と思われていて、結婚式などの節目には大安に合わせることが多いです。この大安や仏滅はもともと六曜であり、単に曜日として使われていたようです。当然今思われているような意味合いはないようで、これも誰かの策略で今日の意味合いになったようですが…

このまとめを見る