現在でも、一般的に使われているカレンダーや手帳には六輝が載っていますが、実は、行政機関が発行をするカレンダーには六輝は掲載されておらず、むしろ六輝を採用する事自体を取りやめるよう行政指導も行われていたり、とある自治体の職員手帳に六輝が掲載されていたものがすべて廃棄された事例があります。

出典【六輝って信じていいの?】結婚式の日取りの決め方とは? | 東京都内の結婚式場探しなら【公式】東京ウエディングコンシェルジュ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

縁起のいい日ではなかった?「大安」 悪い日ではない?「仏滅」 本当の意味とは?

大安といえば「おめでたい日」であり、逆に仏滅は「縁起が悪い」と思われていて、結婚式などの節目には大安に合わせることが多いです。この大安や仏滅はもともと六曜であり、単に曜日として使われていたようです。当然今思われているような意味合いはないようで、これも誰かの策略で今日の意味合いになったようですが…

このまとめを見る