1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

職場に傲慢な上司や同僚はいませんか?傲慢な人はなぜあんなにsらそうな態度なのでしょうか?職場の傲慢な人の特徴や心理を知っておくことで上手に対処できるようになります。職場の傲慢な人のまとめを確認して傲慢な人に振り回されないようにしましょう。

cocytustusさん

傲慢の意味とは?傲慢な人の特徴と対処法やならないための注意点

では「高慢」以外に「傲慢」と似た意味を持つ言葉はどのようなものなのでしょか。日本語には似た意味の言葉がたくさんあるので、正しい使い方ができていない可能性があります。いくつか紹介するので、言葉の意味を正しく使う際の参考にして下さい。

「横柄」は、偉そうな態度を取る事を意味します。上から目線の「傲慢」と比べると、自分と相手の立場関係なく、人を見下したような態度を取ります。

「高圧的」は相手を怖がらせるような態度を取る事を意味します。「傲慢」と比べると、支配するというニュアンスがあります。
傲慢の対義語
Beautiful Fashion Female - Free photo on Pixabay (237249)
人に偉そうな態度を取る「傲慢」の対義語は「謙虚」「卑下」などがあります。「謙虚」は「自分の能力をおごり高ぶる事なく、控えめな態度で人と接する事」「素直に人の意見を受け入れる事」のような意味です。

「卑下」は、「自分の立場を低い位置に置き、人より劣っている者として扱う事」「自分の能力を認められず、自分自身を見下す事」のような意味を持ちます。

傲慢の意味とは?傲慢な人の特徴7つと行動・対処法を解説!

傲慢という言葉には、人の悪い特徴があらわれていましたが、傲慢の類義語も存在します。傲慢の類語になるのが、高慢や横柄、不遜や高飛車という言葉です。

類語である高慢には、人を見下す様子という意味があります。傲慢の意味と全く同じような意味にもみえます。類語の高慢に関しては、あらためて説明させていただきます。


類語になる横柄(おうへい)は、偉そうな態度で人を見下すことを言います。不遜(ふそん)という類語には、思いあがって相手を敬わない態度のことを言います。

よく使われる類語の高飛車(たかびしゃ)は、相手に威圧的な態度をとることを言います。傲慢の類語のなかでは、一番一般的に使われる言葉かもしれません。

傲慢の意味とは?傲慢な人の特徴7つと行動・対処法を解説!

傲慢と高慢の意味の違い

傲慢の類語には高慢(こうまん)があるということを説明しました。類語になる高慢は、傲慢ととても良く似た類語です。

傲慢と高慢には、どういう意味の違いがあるのでしょうか。類語になる高慢は、思いあがった様子ですが、傲慢になると思いあがって、他人に礼を欠くという態度になります。

類語の高慢は自分が思いあがっているだけですが、傲慢になると思いあがった気持ちで周りの人に迷惑をかけてしまうという意味があるようです。

傲慢は罪?

Pixabay logoPhoto by Free-Photos
傲慢と類語の高慢は、似ている意味がありますが、人に迷惑をかけるかどうかという意味の違いがあることがわかりました。周りの人に迷惑をかけてしまう、傲慢は罪であるという意味もあるようです。

傲慢が罪だとされているのは、「七つの大罪(Seven deadly sins)」です。七つの大罪という言葉はなんとなく聞いたことがあるという人も多いと思います。映画の「セブン」や漫画にも取り入れられている題材です

傲慢の意味とは?傲慢な人の6つの特徴や原因&傲慢さを直す方法

では、傲慢な人の特徴をみていきましょう。

親切にしてもらっても感謝しない
相手によって態度を大きく変える
自分の考えが絶対に正しいと思っている
他人を見下すような発言をする
見栄を張る
プライドが高い
続いて、傲慢な人の特徴を、それぞれ詳しくみていきます。

特徴① 親切にしてもらっても感謝しない
このような性格の人は、他人から親切にしてもらっても「ありがとう」と感謝することはありません。
こういった人は、「周りいる人間よりも自分は優れている」「自分は特別な存在である」と思い込んでいます。

そのため、これくらいのことは「してもらって当たり前」だと考えているのです。
例えば、エレベーターを閉めようとしたら、エレベーターに乗ろうと走っている人が見えて「開」のボタンを押して待っていたとしましょう。

傲慢な人の心理と特徴・対処法と接し方・因果応報と言われる?

自分が最も優れていると思い込んでいる
自分は、「誰よりも優れている」「自分はスゴいんだ」「自分は最も優れた人」など、思い込み方はさまざまですが、とにかく他者より自分が優れていると思い込んでいる人は、傲慢になりやすいとされています。自分が最も優れていると思うこと自体は、悪いことではありませんが、人の関係性において優劣をつける思想が根本にある場合に傲慢になります。

「自分は優れているから、劣っている奴らは価値がない」と思い込んでいるのでしょう。そのような考え方になってしまう原因は、幼少期からの生育環境または人間関係の影響が強く、自分で自分が傲慢なことに気付いていないケースが多いです。これまで挫折というものを味わったことがない、または人を見下す気持ちを持って生きてきた可能性もあります。

傲慢な人の心理的特徴と性格・原因・対処法・上手な付き合い方

傲慢な人の心理的特徴や性格
傲慢な人の心理的特徴と性格・原因・対処法・上手な付き合い方
傲慢な人というのは、自身が常に正しく人より優位であると思って生きています。傲慢な人はプライドが高く素直になれないところがあり、相手より劣っていることを認める事はおろか「おめでとう」と言うこともできず嫌みや憎まれ口を叩きます。しかし、実は心の中では自信過剰ではありません。自信がないからこそそのような態度になってしまいます。

自分はこんなに努力してこんな成果を手に入れたというのにどうして評価されないのか、傲慢な人はこのような思考回路に向かいがちです。結果の評価、改善点が欲しいのではなく結果に至るまでの努力を認めて貰いたいのです。こうしていくうちに自信を失い落ち込みやすくなります。マイナスへ向いたベクトルを何とかするために傲慢な人へ成長していってしまいます。

「傲慢な人」の性格の特徴は?原因、対処法、ならないために気をつけることとは?

「傲慢」の意味と使い方
「傲慢」の読み方は「ごうまん」
「傲慢」の意味は「相手を見下すこと」
「傲慢」は「傲慢な」「傲慢で」「傲慢だ」などの形で使う
「傲慢」の類語は「横柄」「横風」「見高」など
「傲慢」の対義語は「謙虚」「謙遜」など
「傲慢な人」の性格の特徴
自分が一番正しいと思っていいる
やたらとポジティブ思考
プライドが高い
負けず嫌い
見栄をはる
人の話を聞かない
他人に対して感謝の気持ちがない
他人に気を遣うことがない
協調性がない
責任転嫁が上手い・自分の非を認めない
些細なミスにいつまでも固執する
基本的に他者を小馬鹿にしている
声が大きい
言葉遣いが汚い
知ったかぶり
一言多い・マウンティングをとる
店員に横柄な態度をとる
両親や家族が凄いから自分も凄いと思っている
自分が尊敬している人の話だけはきちんと聞く・媚を売る
自分のことが大好き
「傲慢」になってしまう原因
育ち
実はコンプレックスがある
過去の成功体験に囚われている
過去にバカにされた経験がある
自分を客観視することができない
役職など権威がある

傲慢な人の特徴とは?傲慢になってしまう原因と対処法

自分に自信がある
傲慢な人に共通して言えるのは自分に自信があることです。人を見下すという行為は、自分が上と言う認識があってこその行動になります。自分の物差しで相手よりも自分の方が上だと思い込んでいるわけです。自分に自信が持てることは魅力的である一方、それが傲慢につながる人とは関係を深めたくないものです。

自分が正しいと思っている
この世に絶対という言葉はない。この言葉をきちんと理解できている人は、傲慢になりにくい人の特徴です。一方、常に自分が正しくルールだと思っている人は傲慢な人の特徴になります。時には自分が正しいと思って行動することや意見することも大切です。しかし、自分が正しいと思い込みすぎると、傲慢な態度を取るようになります。

あなたの近くに傲慢な人はいませんか?上から目線、偉そうな態度の傲慢な人はなぜそうなってしまったのでしょうか

傲慢とは

傲慢という言葉を聞いてあなたはどんな印象を受けるでしょうか?

偉そう、上から目線、根拠のない自信といったイメージのある人が多いのではないでしょうか?

傲慢を辞書で聞くと次のような内容が記載されています。

・おごりたかぶって人を見くだすこと
・思い上がって横柄なこと
・人を見下して礼を欠くこと

思っていたイメージと一致したでしょうか?

傲慢な人というのは、人を見下した態度をとり思い上がって横柄な人のことを言います。

傲慢を使った言葉には「傲慢無礼」という熟語があります。

態度が大きく無礼なことを表現する言葉です。

これに対して「慇懃(いんぎん)無礼」という言葉は、見かけは礼儀が正しいのですが、丁寧すぎて無礼を感じるという意味になります。

見かけの態度は正反対ですが、根本的には相手を見下している点で一致していますね。

今回は職場にいる傲慢な人についてその特徴や心理、対処法などを解説します。

傲慢な人ってどんな人?特徴とポイント 付き合い方の解説

傲慢とはおごりたかぶり、他人を見下すという意味があります。
おごる・あなどるという意味の「傲」と、おこたる・他を見くびるという意味の「慢」が合わさってできている言葉です。
傲慢は、キリスト教では七つの大罪の中の1つにも数えられていることも有名ですね。

自分を常に正しいと考え、新しいものや、部下や後輩をすぐに批判するため、あまり周りから良い印象を抱かれないことが多いです。

「傲慢」は様子を表す言葉なので、「人」や「態度」などの名詞と共に使われます。
傲慢な人は、おごりたかぶって他人を見下したり、自分が優れている・正しいと思い他人の意見に耳をかさない等の失礼な態度をとる人に使われます。
傲慢な態度は、他人を見下して話を聞こうとしない、相手の話を遮る、自分のほうが立場が上だと誇示するような態度を表す言葉です。

傲慢な人が寂しい人間関係を築く理由

傲慢な人が人間関係を良好にする方法とは
このように傲慢な性格の人は、他人に対して行った悪行に対して、自らの人間関係も悪化の道をたどることになります。



なぜなら、人を見下したり人をバカにする思考が身に付いているため、上から目線で人に対して接することで態度に出てしまい、人から嫌われ敬遠されてしまうからです。



その結果、周りの人から「あの人は傲慢な性格の人だ」という烙印を押されますが、本人はまったく気付かずに自惚れていることが多いのです。



しかし、当の本人は自分の傲慢な性格が災いして「なぜ自分から人が離れていくのか?」という疑問に対する答えが分からず、寂しい人間関係を築くことになります。



この傲慢な性格の人が寂しい人間関係から抜け出し、良好な人間関係を築くことはかなり難しい事になります。



それは本人の傲慢な性格のせいで、自分の考えが間違っているということに、なかなか気付けないからです。たとえ誰かが教えたとしても、反発して相手にしないでしょう。

傲慢な人の特徴7つと対処法!傲慢な態度をとる心理とは?

傲慢な人の「傲慢」の意味とは?
傲慢な人というのを聞いたことがあると思いますが、意味を知っていますか?

意味を知らなくても、なんとなく悪い意味で使われているのでは?と予想することができますが、ここでは、傲慢な人の意味を紹介します。

傲慢な人の傲慢という意味には、おごり高ぶる、人を見下す、偉そうなどがあります。

また、傲慢には、思い上がるなどの意味もあり、自分のことを過大評価していると捉えることもできますね。

さらに、傲慢には、あなどるという意味もあるので、やはり、いい意味として使われることはないようです。

「あの人傲慢だね。」というように使われていたら、それは偉そうとか、人を見下した態度を取っていることを意味するので、傲慢と言われる人には、気をつけたほうがいいでしょう。

いつ自分が傲慢な態度を取られるか分かったものじゃありません。

傲慢な人の6つの特徴と対処法とは?

傲慢とは、相手への思いやりがなく、見下した態度をとってり、横柄な態度をとるようなことを表す言葉です。

こうした傲慢な態度を取る人というは、どのコミュニティにも存在するものですよね。

もしかしたらあなたの周りにも一人ぐらいはこうした人はいるかもしれません。

傲慢な人と一緒にいて気分がいい、楽しい、と思うことはまずありませんので、できることなら関係を持ちたくないものですが、職場などによってはそうはいきませんよね。

そこで今回は傲慢な人の特徴と対処法についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

傲慢な人の特徴と態度とは?対処法とならないための注意点を解説!

傲慢な態度や行動を取る人とのコミュニケーションはとても難しく、身近にそういう人がいる方は日々悩んでいることでしょう。

特に、職場内でそういった人がいると、どう付き合っていけばよいのか、わからなくなることが多いはずです。傲慢な人に態度を改めてもらうのは難しく、ときには周囲の人々に迷惑をかけることもあります。

そこで今回は、傲慢な人の特徴や態度を解説したのちに、そういう人と上手に付き合っていくための対処法をご紹介していきます。

身近に傲慢な態度を取る人がいる方は、ぜひこの記事を参考にしていただき、あなたがストレスを抱えないように上手なコミュニケーション方法を学んでくださいね。

傲慢な人の特徴とは。プライドが高い性格の原因や接し方のコツを解説

傲慢な態度をする人っていますよね。
傲慢な人の特徴

傲慢な人とは、誰にでも見下した態度をとったり思いやりのない言動を取ったりするような人のことです。

一緒にいても楽しいと思うことはまずないため、出来れば関わりたくないのが本音ですが、職場やプライベートなど、どこのコミュニティにも少なからず存在しています。

そこで今回は、傲慢な人の特徴や扱い方について紹介します。傲慢な人の診断テストもあるので、自分が当てはまっていないか確認してみてくださいね。


傲慢な人とは?意味は?
傲慢とは相手を見下したり、バカにするという意味で使われている言葉です。

言葉の意味にあるように「傲慢な人」は、相手をバカにしたり、相手のことを認めようとしなかったりするなど、見下した態度で他人と接してきます。

プライドが高く、自分の意見が一番正しいと考えているため、間違った考えでも「傲慢な人」の場合は自分の間違いを認めようとしません。

このように「傲慢」はマイナスなイメージが多い言葉のため、良い意味で使われることはありません。

1