1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

優秀すぎる!「手ぬぐい」の使い方いろいろ

雑貨屋さんなどで見かける「手ぬぐい」。そのメリットはなんといっても乾きやすさとコンパクトさ。ハンドタオルより断然乾きやすく、ハンカチよりも大きくて、タオルよりもかさばらない、超便利なアイテムなんです。柄もかなりおしゃれに進化しています!

更新日: 2019年09月12日

12 お気に入り 7321 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

10年来の手ぬぐいコレクターです。

maymgmさん

すぐ乾く、そして使い道無限大!

手ぬぐいは吸水性の良い綿素材で出来ていて、薄手なのでタオルより早く乾く事が特徴であり魅力なんです。 吸水性のよい素材は染料の染まりや発色もよいので柄を楽しむ事ができるのも一つの楽しみですし。絞ってすぐ乾くので菌の繁殖も少なく清潔に使えるとっても便利なものです。

本はもっぱら紙派なわたし。読み終わった後はメルカリで売ることもあるのでなるべく綺麗に保ちたいのですが、ブックカバーは貰いたくない…。 なんとかしたいなぁと昨日思いついたのが #てぬぐい カバー。 汚れたら洗えるし、軽いし、サイズ調整いくらでも可能だし、天才では…! #ゼロウェイスト pic.twitter.com/9sNiScTEua

今度結婚する従兄弟へ。本日大安。 御祝儀渡しに参ります。 もちろん手ぬぐいで御祝儀包みます。 万象の幸福 雨を司どり、大地を創る あらゆる障害を取り去り、 形ある全てを幸福へといざなう 平穏をもたらす幸せの象徴 コンセプトぴったりやん。 幸福平穏な日々を願って。 #手ぬぐい #祝儀袋 #幸福 pic.twitter.com/Fx4FaFnxjl

手ぬぐいの特徴

1.乾きやすい。面積のわりにかさばらない。

手ぬぐいは速乾性に優れ、タオルよりもコンパクトに持ち運べるので、使い道が広がります。タオル地だと濡れた手や汗をぬぐった後にいつまでも湿っていたりしますが、手ぬぐいの場合は広げておけば、すぐに乾いてしまいます。

手ぬぐいはタオルほどの吸水性はありませんが、その分乾きやすくかさばりません。同じ大きさのタオルと手ぬぐいを同じように畳んでみれば手ぬぐいのコンパクトさが実感できると思います。

また、タオルは手で絞ったくらいでは乾きませんが手ぬぐいは手でギュッと絞って干しておけばすぐに乾きます。

今年からタオルをやめてみていて、台所でもトイレでも手ぬぐいを使っているのだけど場所とらないしすぐ乾くし臭くならないしお風呂上がりに2枚使ってもタオル1枚分もかさばらないしとてもよいです pic.twitter.com/DMsmDXSSH7

手ぬぐい生活になって早一か月経ったのでメリットをいくつか ・水で軽くすすいで干すだけで乾くので洗濯物の量が減る ・大きいのでハンカチやタオルとしてはもちろんマフラーや食事の際の汚れ防止ナプキンとしても利用出来る ・たためば小さくなりアイロンをかけなくても綺麗に折りたためる

手ぬぐいメリット その2 ・タオルと比べて小さいので収納スペースを圧迫しない ・軽いので持ち運びが楽、おでかけや旅行にもスペースを使わない ・おしぼりにしたり、帽子にしたり、スカーフにしたり、包みとして利用したりとアイデア一つで色々使える ・日本製が多いので安心して使える

2.柄が豊富

ハンカチよりも面積があり、タオルよりも柄が表現しやすいので、柄を楽しむことができるのも手ぬぐいの特徴!伝統的な柄以外にも、モダンな柄がたくさんあります。長めているだけでも楽しく、ついつい集めたくなりますよ。

ついつい集めたくなる!

手ぬぐいを集め始めました。行った先で気に入ったものに出会えたとき、ドキドキします。これは、先日のワークショップに参加した時に出会った一枚です。#手ぬぐい #かまわぬ #SPECER pic.twitter.com/XTqlBOZRqv

今日の手ぬぐい:あの人の暮らす窓辺(ジカンスタイル)ひとひら浪漫で一番好きな柄。机に敷いてました。近くで見ると染めも素敵なんだよね。 #手ぬぐい #tenugui #てぬぐい #手拭い pic.twitter.com/WbqhvhXPT6

もうすぐハロウィンだから新しい手ぬぐいを額装し直したよ〜✧⁺⸜(●˙▾˙●)⸝⁺✧ 今回は秋にぴったりなかまわぬの「ごろごろ南瓜」を選んでみた!ふっふっふっ、かわいかろう…。私もお気に入りのデザインなんだよね〜(๑¯ω¯๑)♡ #かまわぬ #手ぬぐい pic.twitter.com/HLSOYdjqot

1 2 3