1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

断水時にしっかりと知っておきたい…正しい確保方法を知って万が一に備えよう!!

千葉の台風は思ったよりも大きな被害になっています。停電もそうですが、それ以上に重要なのは断水に関する対応です。そこで今回は、万が一の際の水の確保の方法や、節約方法について説明していきたいと思います。災害に負けずに頑張って下さい!!

更新日: 2019年09月12日

38 お気に入り 19127 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

千葉の台風は深刻な深刻な被害が及んだ

東京電力によると、千葉県では台風15号の通過から丸2日がたった今も約43万軒が停電している。

9日に千葉県に上陸し甚大な被害を出した台風15号について、千葉県は11日夕方、森田知事ら幹部が出席して2回目となる県の災害対策本部会議を開きました。

また森田知事は、農林水産業への被害が極めて大きいとして、県の担当者に対し速やかに政府に支援を要請するよう指示しました。

停電以上に厄介なのが、断水だった

また、千葉県では11日午前11時現在で浄水場などから家庭に水を送るポンプが停電の影響で使えず、2万1000戸以上が断水しているという。

津市や富津市では高台にためてあった水が減ったため、今まで供給できていた家庭も断水するケースが出ているという。

台風15号で大きな被害を受けた千葉県館山市に暮らす20代の女性が今、一番つらいのは水がないことだと話しています。

もしもの際にはどうすればいいのか?

断水の場合、一番にしなければいけないことは、飲料水の確保です。

人は生きていくのに1日2リットルの水が必要だ。暑い日にはそれ以上の水が必要になる。飲用の水3リットルをまずは確保し、それ以外の水使用を工夫する。

降り始めの雨は空気中や屋根の汚れを含むが、30分程度降り続いた雨の水質は蒸留水に近い。

雨樋からバケツに入れたり、直接タライやポリバケツなどで雨水を集め、トイレを流す、洗濯、体をふく、食器を洗う水などに使う。

お弁当を買ったり、外で食事を済ませば洗い物は出ませんが毎食外食というのも…。かといって、お皿やコップ等使ってしまえば、汚れたままの食器がどんどん溜まってしまいます。こんな時は、食器にサランラップを巻きます。

うまく工夫していきましょう。

様々な声が

停電中の暑さ対策 洗面器に水をはり手のひらや足の裏をつける ぬれたタオルで体をふきうちわなどであおぐ 断水の場合 給水車を利用 店で購入 飲み物を確保 高齢者 子ども 障害者など 停電の自宅では熱中症のリスク高まる 被害ない知り合いや親戚などに一時的に身を寄せることも検討を #拡散希望

完全に油断してた 断水が再開した。 東金市、大網町、茂原市 その他周辺の地域の人、まだ間に合えば水の確保をして! またすぐ止まる!!

今日ニュースで千葉県の南部というか、台風の被害が酷かった地域の報道を見たのですが停電・断水・食料確保が困難な点がたしかにかなり遅れて報道されているようなので そんなに酷いのか知らなかった っていう方が多そうですし、実際私もそんなに酷いことを知りませんでした。

1 2